『Apex Legends』期間限定イベント「Lost Treasures」発表、6月23日より開催へ。新施設や携帯型リスポーンビーコンの実装など

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

Respawn Entertainmentは6月19日、Electronic Arts主催のオンラインイベント「EA Play Live 2020」にて、『Apex Legends』についての新情報を公開。その中で、期間限定イベント「Lost Treasures」を6月23日に開始すると発表した。同イベントは、クリプトにフォーカスを当てたコレクションイベント。開催にあわせては、期間限定モードや新コスメアイテム、新規ロケーションなどが追加される。

「Lost Treasures」は、監視の達人クリプトをテーマとしたコレクションイベント。まず開催にあわせては、これまでのコレクションイベント同様、期間限定モードが実装されるようだ。その名も「ARMED AND DANGEROUS EVOLVED」。同モードは、昨年開催されたレイスの期間限定イベント「Armed and Dangerous」を発展させたもの。ショットガンとスナイパーのみドロップするという基本ルールはそのままに、今回のモードでは進化アーマーが登場。その一方で、白・青・紫アーマーはドロップしないという。遠距離でどれだけダメージを稼げるかが、勝利のカギを握るモードとなりそうだ。

また前述した期間限定モードでは、リスポーンビーコンが使用不可になるという。その代わりに味方を復活させる手段としては、新アイテム「Mobile Respawn Beacon」が用意されるようだ。このアイテムはその名のとおり、携帯可能となっているようで、マップ上のいかなる場所でも起動できる。すると、ライフラインのケアパッケージのように上空から小さなリスポーンビーコンが降下。そしてバナーカードをかざすと、味方を復活させることができるようだ。ただし、スナイパーライフルとショットガンのみドロップするというモードであるだけに、見張られている可能性も高い。起動場所、タイミングには気をつけたいところだ。


そのほか「Lost Treasures」イベントでは、新たなアイテム報酬トラックも登場。「古の理」など、これまでの催し同様、入手ポイントに応じてプレミアム装飾スキンや限定バッジなどを順次アンロック・入手できる。またショップに関しても、イベント開始日である6月23日から7月7日のあいだ、限定アイテムがラインナップ入り。今回はオクタンやブラッドハウンド向けのスキンや、デヴォ―ションやRE-45向けの武器スキン、そして武器チャーム3種が追加されるようだ。イベント名に則り、いずれのアイテムも古代の遺物をモチーフにしたものとなっている。

ほかにもイベント開催期間中には、24のコスメアイテムも登場。ファラオのようなレヴナントや黄金に輝くレイスなど、こちらも古代エジプトを彷彿させるインパクト強めなラインナップだ。すべてのアイテムがApexコインおよびクラフトメタルの消費で入手可能。また、イベント中に実装される限定Apexパックでも手に入れることができる。なお、24すべてのアイテムをアンロックすると、ミラージュ向けの特別アイテム、家宝セットが入手可能。ミラージュを使うことで、バトル中いつでも黄金のトロフィーをアピールできる。


そして新規ロケーションについて。こちらに関しては現時点で詳細は明かされていないものの、クリプトの監視タワーのような施設がキングスキャニオン内に出現するようだ。また今回公開されたトレイラー内では、水処理施設周辺に存在する謎のハッチがひらく様子も確認できる。マップについてもイベント開始時に改変が施されるのだろう。また一段と戦闘環境が変化しそうだ。

「EA Play Live 2020」内で明かされた『Apex Legends』についての新情報としては、ほかにもクロスプレイの対応やNintendo SwitchおよびSteamへの展開も発表された(関連記事)。同作のプレイヤーはこちらも要チェックだ。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog