Nintendo Switch用お絵かきソフト『Colors Live』発表。専用の筆圧感知タッチペンで自在なドローイング

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

スウェーデン・ストックホルムに拠点をおくインディーデベロッパーのCollecting Smilesは5月13日、Nintendo Switch向けソフト『Colors Live』を発表し、Kickstarterページを公開した。支援の募集は6月11日まで行われるとのこと。クラウドファンディングで一定額を支援したユーザーのみ、支援募集が終了した直後にデモ版(Windows向け)にアクセスすることができるという。正式版はニンテンドーeショップによるダウンロード専売となり、アメリカ・ヨーロッパ・オーストラリアでは今年夏にリリース予定。日本向けには秋〜冬にかけて配信開始が予定されている。

本作は、2007年より続くお絵かきソフト『Colors!』シリーズの最新作となる。ニンテンドーDS向けに発売された初代ソフトは100万以上のダウンロード数を記録した。また続編としてリリースされたニンテンドー3DS用ソフト『Colors! 3D』はMetacriticが発表するニンテンドー3DS用ソフトのオールタイムベスト評価ランキングで10位にランクインしている。同ソフトと連動したイラスト投稿コミュニティ「Colors! Gallery」には400万件以上のポストが寄せられ、今なおコンスタントにユーザーが集まる活況を示している。

Image Credit : Colors! Gallery

Collecting Smilesの設立者であるJens Andersson氏は、これまでに数多くのファンから「『Colors!』シリーズの最新作をSwitchで出してほしい」との要望を受けてきたという。しかしなかなか同氏が腰を上げられなかった理由は「ペン」だった。ハードに純正のタッチペンが付属していたニンテンドーDSや3DSと異なり、Switchで新作を出すとなれば必然的に指を使って描かざるをえない。Andersson氏にとって、それはどうしても魅力的なアイデアとは思えなかった。

転機となったのは今から1年ちょっと前、香港でガジェット制作活動をする友人から声がかかったときだ。彼の企業GreenBulbが開発していたのが、筆圧感知を備えたタッチペン「SonarPen」だった。このプロダクトに可能性を見出したAndersson氏は、専用スタイラスを備えた『Colors!』シリーズのSwitch向けソフトの制作を決意。新たに、本作向けに生産された「Colors SonarPen」とともに『Colors Live』を世に送り出すはこびとなった。

Colors SonarPenはバッテリーを必要とせず、ケーブルで直接Switch本体に接続することができる。筆圧感知センサーによって使用者が描いたストロークの太さ・濃さを検出し、自在なドローイングを可能とする。またSwitch本体のボタンにアンドゥなどのショートカットキーが割り当てられるため、スムーズな描画が可能だ。

Image Credit / Colors Live with Pressure-Sensitive Pen for Nintendo Switch
このほか『Colors Live』は新機能として1人用ゲームモード「Colors Quest」の実装を予定している。日替わりで出されるお題に沿ってイラストを描いていくという内容で、毎日続けることで初心者も上級者も画力アップが期待できるという。

クラウドファンディングは出だしから好調で、5月14日時点ですでに272万円以上の支援が集まっている。これは目標額の164万6482円(15万スウェーデン・クローナ)を大きく上回る数字だ。リワードには金額に応じて「好きな色のColors SonarPen」や「アーティストによるポートレイト制作」などが含まれているため、興味がある人は締め切りの6月11日までにKickstarterで支援を寄せよう。

今後の計画としては一定額を支援したユーザー限定で、クラウドファンディング終了直後にデモ版(Windows向け)を提供予定。デバイスとなるColors SonarPenについては、Kickstarter支援者向けに製品版リリースより先がけて出荷される予定だ(クラウドファンディング終了後は専用ページにて購入可能となる予定)。製品版ソフトはニンテンドーeショップによるダウンロード専売で、アメリカ・ヨーロッパ・オーストラリアでは今年夏に発売予定。日本向けには秋〜冬にかけて配信開始が予定されている。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog