『フォートナイト』がついにGoogle Playにて配信開始。Google側の圧強く

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

Epic Gamesは4月22日、『フォーナイト』Android版をGoogle Playにて配信開始した。『フォーナイト』Android版そのものは2018年8月より配信開始中。Epic Gamesの公式ホームページから直接ダウンロードする形態が採用されていた。しかしこのたび、Google Playストアを通じて配信されるようになった。引き続き、公式サイトからダウンロードすることも可能である。

Epic GamesがGoogle Playストアを利用しない理由について、当時ふたつの点をあげていた。ひとつめが、Epic Gamesはユーザーとダイレクトな関係を結ぶことを望んでおり、PCやMacそしてAndroidのようなオープンなプラットフォームでは、自社タイトルを直接届けることを目標にしていること。

ふたつめは、「ストア税(Store tax)」である。Google Playを含めたほとんどのゲームプラットフォームでは、売上の30%をプラットフォーマーが持っていく仕組み。Epic GamesのCEOであるTim Sweeney氏はこれをストア税と呼んでいた。30%のストア税は重く、そもそもオープンプラットフォームにおいては、決済プロセスやダウンロード帯域、顧客サービスなどのコストとして売り上げの30パーセントを要求するのは不均衡だとも主張していた(関連記事)。

iOSとは異なり、AndroidではGoogle Playを利用せずとも、apkファイルを入手できればソフトウェアのインストールが可能。そうした仕様を踏まえ、ユーザーにダイレクトに伝えるため、そしてストア税をとられない手段として、「Google Play外」でゲームを配信していたわけだ。

しかしAndroid版の配信から18か月経過した今、Google Play外で配信することで不利益を被っていることを認識しつつあるという。というのも、Googleは、技術的な対策およびビジネス上の措置を通じて、Google Play外でダウンロード可能なソフトウェアを不利な立場に追い込んでいるというのだ。ダウンロードもしくはアップデートされたソフトウェアを対象に、恐怖心を煽るセキュリティ警告を繰り返し表示したり、PR活動にてサードパーティ製ソフトウェアのソースをマルウェアとして扱ったりしているという。

そのほか、メーカーやキャリアとの制限的な契約・取引や、Google Playストア外で入手したソフトウェアをブロックするGoogle Play Protectのような取り組みなど、さまざまな形でGoogleは対策を講じてきたとEpic Gamesは主張。そうした背景を踏まえ、Androidの市場にて戦っていくために、Google Playで配信せざるをえなくなったのだろう。

一方『フォートナイト』をGoogle Playで配信するようになった現在でも、Epic Gamesのスタンスは変わっていないという。近い将来にGoogleがポリシーと商取引の方針を見直すことで、あらゆる開発者がAndroidおよびGoogle Play上で、決済サービスを含めたオープンサービスを通じて自由に顧客に商品を届けられる、公平な場で競争できるようになることを望んでいるとEpic Gamesの広報は語っている。

現在Google Playストアで配信しているということは、同ストアを通じて配信された『フォートナイト』のゲーム内課金の30%はGoogleの懐に入る。Epic Gamesとしては不本意な形かもしれないが、Google側の圧からは逃れられなかったようだ。一方でGoogle Playストアで配信するようになったというのは、アクセスしやすさという点でメリットもある。『フォートナイト』のAndroidユーザーが今後増えていくかという点も、注目していきたいところだ。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog