「スパゲッティ」になる物理アクション『Freddy Spaghetti』Steamにて配信開始。街を暴れ散らす生麺の冒険活劇

パブリッシャーのPlayful Pastaは4月1日、『Freddy Spaghetti』をSteamにて配信した。価格は520円で、4月9日までは20パーセントオフの416円で購入可能。本作は、スパゲッティの麺としてプレイする物理アクションゲームだ。不自然な表現も見られるが、日本語表示に対応している。

スポンサーリンク

『Freddy Spaghetti』の主人公は、フレディという名のスパゲッティの麺。Pスター博士、通称パスタ博士が考案した機械にて、スパゲッティの姿をした意識を持つキャラクターとして生み出された。プレイヤーはこのスパゲッティもといフレディとなり、その成長を追うようにさまざまなチャレンジに挑戦する。

1本の短いスパゲッティであるフレディは、左右のマウスクリックで麺のそれぞれの端をジャンプさせることで操作可能。マウスカーソルのある方へとジャンプするため、これで任意の方向に進むことができる。また、ホールドしてパワーを溜めるとより高くジャンプできる。なお、ゲームパッドでのプレイにも対応しているとのことだが、筆者の環境(Xboxコントローラー)では認識されなかった。

スポンサーリンク

本作には、家の中や住宅地、市街地などの環境を舞台にするステージが複数用意されており、ステージ内のどこかにある青いサークルを目指すことが基本的なルール。その上で、さまざまな難関がフレディを待ち受けており、またステージによっては特殊なルールが設けられていることもある。たとえばサッカーボールに体当たりしてゴールを決めたり、イライラにまかせて机の上の食器をすべて破壊してからでないとゴールできなかったり。あるいは、他人の家の玄関扉に向かってジャンプしてノックし、家の人が出てくる前にゴールに到達しないとミスになる、ピンポンダッシュのようなステージも。ほかにも、追ってくる警官やキッチンの熱々コンロなど、ミスになる条件はステージによってさまざまだ。

フレディの挙動は物理演算によって表現されており、ぐにゃぐにゃで伸縮性のあるスパゲッティ麺の操作は何とももどかしい。クリック1回で決まった距離を進むといったシンプルなものではなく、麺の置かれた状態や左右の端の位置関係によっては思うように進めなかったり、やがて巨大化した後には柱や柵に絡まってしまったりすることも。開けた場所では、右左右左右左とテンポよくクリックすると次第に勢いよく“走る”こともできるが、調子に乗って走っていると、ステージによってはミスになる障害物を避けられなくなってしまうだろう。

本作は、スパゲッティの麺が街をうねうね闊歩するというシュールさが目を引くが、物理演算によるゲームプレイのもどかしさはなかなか歯ごたえある。ステージをクリアすると、クリアタイムなどが表示。シンプルなながらもどかしい操作と障害物を乗り越えて、いかに速くクリアできるかが本作のやりこみ要素となる。また、プレイ中にはパスタ博士のナレーションにて語られる物語も用意されている。

ちなみに、本作の開発元はPatrick Starr。おそらくパスタ博士の名の由来、あるいはパスタ博士その人を指しているのだろう。“遊び心のあるパスタ”という名の販売元Playful Pastaを含め、その素性は不明。4月1日に配信されたということから、エイプリルフール向けのジョーク作品という側面があるのかもしれない。なお本作を開発するにあたっては、パスタを1本として粗末に扱ってはいないとのことである。

『Freddy Spaghetti』は、Steamにて配信中だ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog