ヨット修理シム『Yacht Mechanic Simulator』発表。廃船を仕入れて修理・改装し、豪華ヨットに仕上げて高値で売りさばく

パブリッシャーのPlayWayは3月27日、『Yacht Mechanic Simulator』をPC向けに発表した。本作は、ポーランドのデベロッパーImage Powerが手がけるヨット修理シミュレーションゲームだ。同じくPlayWayから販売されている車修理シム『Car Mechanic Simulator』や、家屋リフォームシム『House Flipper』のゲームプレイの良い部分を取り入れながら、さらに豪華ヨットのラグジュアリー感を楽しめる作品として開発しているとのこと。

スポンサーリンク

『Yacht Mechanic Simulator』にてプレイヤーは、古いヨットを入手してオーバーホールし、それを販売して利益を上げるビジネスをおこなう。港にはもう動かない廃棄同然のヨットが集められており、ダメージが大きいほどお安く購入可能。もちろん、その分修理の手間も増えることだろう。そしてヨットを購入したら、工房に持ち込んでオーバーホールの開始だ。

工程は、主に船体や機械部分の修理とインテリアの導入に分かれている。状態のひどい船体には穴が空いていることもあり、まずはそうした部分の補修から。トレイラーでは、穴の周囲を大まかにカットしてからガラス繊維素材を接着して穴を埋め、最後にサンディングして整えている。そうして補修が終わったら船体の塗装だ。いくつか用意された色から選択できるようである。

スポンサーリンク

次に機械部分の修理。中心となるのはエンジンだろう。ネジを外しクレーンを使って船体から取り外して状態を見極め、修理して再利用するのか、新たなものに交換するのか判断する。また、タイミングベルトやポンプ、バッテリー、スクリューなど関連するパーツの調達も必要だ。同じパーツでもいくつかの種類が販売されており、性能に影響することが予想される。

最後にインテリアの整備だ。フロアの素材からソファ、テーブル、キッチン、ベッド、操舵席の機器まで合わせて数百種類のアイテムが用意され、ヨットの環境をゴージャスに仕上げることができる。そしてすべての作業が終わると、海に出て航行テストを実施し、オークションにて売却するのだ。魅力的なヨットに仕上げることができれば、希望価格をも超える入札を得られるかもしれない。

本作では、特定のミッションを進めながら物語を進めていくキャリアモードのほか、ランダム生成されるミッションをプレイすることも可能。オークションではなく、依頼を受けてクライアントに納品する場合もあるようで、特定の要望が出された場合はそれに沿った形でヨットを整備するのだ。多くの経験を積み、利益を上げて工房の評判を上げていくことで、また異なるヨットを手がけることにも繋がる。そして工房を拡張してビジネスを大きくしていくのだ。

『Yacht Mechanic Simulator』は、PC(Steam)向けに開発中。配信時期については「Coming Soon」とされており、近く発売日を発表する予定とのことだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog