『ブラックサバイバル:永遠回帰』Steam早期アクセス前「最後のアルファテスト」参加者募集中。アニメでサバイバルな見下ろし島バトロワ

Nimble Neuronは3月27日、『ブラックサバイバル:永遠回帰』のアルファテスターの募集を開始した。同作はSteamにて早期アクセス配信を控えており、実施されるテストは「最後のアルファテスト」となる。ゲームキーからDiscordを介して入手可能。詳しくはSteamストアのニュースページを参照あれ。

・3月28日(土) 午前10時~3月30日(月) 午前10時 (合計48時間)
・4月4日(土) 午前10時~4月6日(月) 午前10時 (合計48時間)(NEW

『ブラックサバイバル:永遠回帰』は、韓国の人気ゲーム『ブラックサバイバル』の平行世界を舞台としたマルチプレイゲーム。15人のプレイヤーが「ルミア島」という孤島にて、命をかけたバトルロイヤルを繰り広げる。プレイヤーは、新人類を夢見る科学団体[アグライア]が進行する極秘実験、ブラックサバイバルプロジェクトの実験体のひとり。他の実験体を倒していく。ユニークなスキルを持った8人のキャラクターの中から、ひとりを選択。アイテムを収集し、強力な武器や防具を作成し、他のプレイヤーとのサバイバルを生き残るのだ。

スポンサーリンク

システムとしては、バトルロイヤルゲームでは珍しく見下ろし視点で展開される。周辺の場所を調べたり、うろつくモンスターを倒すことで、アイテムを入手。クラフトや料理をすることで、より効果的なアイテムを入手可能だ。ほかのユーザーと遭遇して戦うことを決めれば、熾烈な争いが始まる。固有スキルを駆使したり、得てきたアイテムを用いて相手を撃破しよう。アニメビジュアルのバトロワでありながら、ちょっとしたMOBA要素も融合された作品になっている。

今回のアルファテストでは、ギターを使って敵と戦うキャラクター「ハート」が追加され、合計8人のキャラクターを体験できるという。また、ゲーム内容が理解しやすくなるように、ゲーム内の人気キャラ「ジャッキー」が登場する段階別のチュートリアルを追加。今までのアルファテストから得られたユーザーの声をゲームに反映し、ルールとキャラクターのバランスなどが修正されたそうだ。最初の禁止区域の指定方法や補助攻撃手段の一つである 「トラップ」の設置方法なども変更され、慎重な判断と戦略性がより深まっているとのこと。

『ブラックサバイバル:永遠回帰』はSteamにて基本プレイ無料にて早期アクセス配信予定。アルファテストのゲームキーはDiscordから入手可能だ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog