新生『トゥームレイダー』Steamにて期間限定で無料配布中。協力プレイが楽しい『ララ・クロフト アンド テンプル オブ オシリス』も

スクウェア・エニックスは、『トゥームレイダー』および『ララ・クロフト アンド テンプル オブ オシリス』の無料配布をSteamにて開始した。期間は3月24日16時まで。一度ライブラリに追加すれば、期間終了後もゲームをプレイすることが可能。なお無料配布でゲームを入手した際には、Steamトレーディングカードの獲得ができないので注意しておこう。

スポンサーリンク

『トゥームレイダー』は2013年に発売されたリブート作品。1996年から続いたシリーズと、2006年から続いた3部作から脱却し、新たなララ・クロフト像を据えダイナミックな冒険譚が描かれる。今作では、トレジャーハンターへと成長する前のララ・クロフトが主人公。オープンワールドに近いエリア構成を舞台に、邪馬台国と卑弥呼の謎を追うストーリーが展開されていく。らしさを残しながらも三人称視点のTPS風味に生まれ変わった新生『トゥームレイダー』は、高い評価を獲得し1100万本以上を売り上げた。三部作の一作目として作られた本作は、続編となる『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』および『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』へとつながっていく。

ただし、本作においては忌まわしき「日本語化DLC」なるものが存在し、998円(現在セール中なので498円)のDLCを購入しなければ公式に日本語で遊ぶことはできない。同作以外のフランチャイズは以降、原則的に日本語に対応するようになったが、本作はすでに販売してしまったという経緯もあってか、DLCで日本語を入れるという方式が採られている。このような形でしか日本語が遊べないのは極めて残念であるが、とはいえ、本体が無料であるのはお得。気になった方は入手しておこう。

ちなみに同じく無料配布されている『ララ・クロフト アンド テンプル オブ オシリス』については、見下ろし視点の協力メインの作品。最大4人でワイワイ言いながら謎解きをし遺跡を進んでいくアクションアドベンチャーゲームだ。前作にあたる『ララ・クロフト アンド ガーディアン オブ ライト』ほど評価は高くないが、協力プレイできる仲間がいれば、探索・戦闘・謎解きあらゆる面で盛りあがるタイトルだろう。こちらはSteamストアで日本語対応の表記はないが、ゲーム内は対応している。

無料配布されている『トゥームレイダー(Steamストア)』については、続編『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』および『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』が格安セール中。また同じく無料配布されている『ララ・クロフト アンド テンプル オブ オシリス(Steamストア)』については、前作『ララ・クロフト アンド ガーディアン オブ ライト』が無料配布中。無料で入手した後満足できれば、関連作にお金を落とすことを検討してほしい。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog