『あつまれ どうぶつの森』では「時間操作」は可能。ただし開発者はそれを望まず、メリットも少なめ

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

『あつまれ どうぶつの森』プロデューサーの野上恒氏とディレクターの京極あや氏は、IGNのインタビューにて同作の仕様について回答。その中で、時間操作をすることが可能であることを示唆しながらも、それを望んでいないことを明かした。

京極氏は『どうぶつの森』シリーズについては、実際の時間と同期することでベストな遊びをできる種類のゲームであるとコメント。実生活と同様の時間軸を過ごすことで、同じ時間を過ごす友人や家族とコミュニケーションする機会が生まれていく。本体システムの時間を変えずに楽しめるゲームを作れたと感じているとも答えている。

前出のIGNは『あつまれ どうぶつの森』の先行レビューを掲載しており、その中でも時間操作が可能であると報告していた。「任天堂は時間操作に対して厳しいところがあり、一部ペナルティが発生するので時間操作する際は注意が必要となる」と記載しており、確かに時間操作は可能であるようだ。一部ペナルティというのは不明であるが、『あつまれ どうぶつの森』では、季節イベントは無料DLCにてアンロックしていく形。クリスマスに何が起きるのか、お正月に何が起きるのか。時間操作をしてその全容がネタバレされ、イベントを待つ楽しみが損なわれるという形はなくなるのだろう。時間操作のメリット自体も過去作に比べて少なくなっているといえる。

また京極氏は、時間操作が不要なゲームとして、いくつかの例を提示している。北半球と南半球といった時間設定も可能になったことや、DIYツールシステムが導入されたことにより、お店が閉まった後でもクラフトによって道具が作成可能なことなど。より地域に合わせた時間設定が可能で、かつショップに依存しない要素が増えた。時間操作そのものは可能であるが、そうせずともよいように配慮されているわけだ。

なお以前ドイツ紙GameKultのインタビューに答えた野上氏は、クラウドセーブ非対応である件について、時間操作を防止するためと答えていたが、今回のIGNのインタビューでは「チートを防ぐため」と明確に答えている。クラウドセーブが不可なのは不正防止をするためで、時間操作そのものは許されることになる。なおそのクラウドセーブについても、別途専用のオプションが追加されることも明かされている(関連記事)。

時間操作についてのペナルティははっきりしないが、推奨されないというスタンスはこれまでと同様。実際にゲームが発売されることで、どのようなペナルティを受けるか明らかになっていくだろう。『あつまれ どうぶつの森』は、3月20日発売予定だ。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog