『Call of Duty: Warzone』最新アップデートにて「ソロモード」追加。専用モードで単身参戦

Activision/Infinity Wardは3月18日、『Call of Duty: Modern Warfare(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア)』向けの最新アップデートを配信したと発表した。このアップデートでは、150人バトルロイヤルモード『Call of Duty: Warzone』にソロモードが追加。3人チームでプレイする従来の「BATTLE ROYALE」と「PLUNDER」に加わる形で、「BATTLE ROYALE SOLO」として専用モードが用意されている。基本プレイ無料のスタンドアロン版も同様だ。

スポンサーリンク

今回のアップデートでは、マルチプレイモードのプレイリストも更新。敵をキルしてから次のキル/アシストまでの制限時間があるCRANKEDルールでおこなうKILL CINFIRMEDや、パーティ参加不可のMERCENARY MOSHPIT、Atlas Superstoreを舞台にする10対10/MOSHPITルールのDOORBUSTER 24/7、そして“セント・パトリックス・デー”テーマのGUNFIGHTが用意されている。

このほか、キャラクターが病院の壁にくっついてしまったり、Gulagから出た際に移動スピードが上昇したり、また倒れた際に撃つことができたり、伏せ状態にて購入ステーションの下にスタックしてしまうバグなどが修正された。詳しい内容についてはパッチノートを確認してほしい。

スポンサーリンク

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog