マーベルヒーロー・オープンワールドRPG『Marvel Future Revolution』モバイル向けに発表。開発元はネットマーブル

ネットマーブルとMarvel Gamesは3月2日、モバイル向けマルチプレイ・3DオープンワールドRPG『Marvel Future Revolution』を正式発表した。対応プラットフォームはAndroid/iOS。配信時期は未定となっている。

スポンサーリンク

同作はマーベル作品を題材としたモバイル作品としては初のオープンワールドRPG。マーベル作品のスーパーヒーローやスーパーヴィランが登場する、完全オリジナルの物語が描かれる。以下は米国で開催されたゲームイベントPAX Eastで披露されたティザートレイラーおよびスーパーヒーロー、スーパーヴィラン、本作のオープンワールド、コスチュームの紹介動画。

スポンサーリンク

『Marvel Future Revolution』の世界は、無数の地球があらゆる次元で収束するカタストロフィーによって、まったく新しい「プライマリーアース」が形成されている。そこでプレイヤーは、新たに結成されたスーパーヒーローチーム「オメガフライト」のエージェントとして、宇宙を守るべくスーパーヴィランと激闘を繰り広げていく。マルチバース物となっているため、同一スーパーヒーローの複数バージョンが登場。またお気に入りのヒーローを全く新しいコスチュームにカスタマイズすることも可能だ。ストーリーを担当するのはコミックライターのMarc Sumerak氏。これまでにコミック版「アベンジャーズ」「ソー」「アイアンマン」「ファンタスティック・フォー」「ブラックパンサー」「キャプテン・マーベル」などを手がけてきた人物だ。

今回公開された映像では、さまざまなバージョンのキャプテン・アメリカ、キャプテン・マーベル、スパイダーマン、ドクター・ストレンジといったスーパーヒーローたちの姿が確認できる。そうした多彩なスーパーヒーローたちとともに、ザンダースやサカールなどが融合した巨大なオープンワールドを探索する。一方のヴィラン側としては、レッドスカルやバロン・モールド、グリーンゴブリン、レッドゴブリン、M.O.D.O.Kらが登場。PAX Eastでは、複数のヒーローが共闘し、ヴィラン側のイエロージャケットと争うボス戦の映像も披露されていた。

ネットマーブルのエグゼクティブ・プロデューサーであるAndy Kang氏は、今回の発表に際して以下のコメントを寄せている:

「我々は、『マーベル・フューチャーファイト』5周年を間近に控え、MARVELとの良好なパートナーシップを継続できることを嬉しく思います。MARVELやモバイルゲームファンとまったく新しいオープンワールド体験を共有できることを楽しみにしています」

コミックや映像作品だけでなく、『Marvel’s Avengers』『Marvel Ultimate Alliance 3: The Black Order』『Marvel’s Spider-Man』『マーベルアイアンマン VR』などゲーム展開も活発なマーベル。一方のネットマーブルには、2015年からモバイルアクションRPG『マーベル・フューチャーファイト(MARVEL Future Fight)』を開発・運営してきた実績がある。『Marvel Future Revolution』は、そんなネットマーブルとマーベル・エンターテイメントが再び提携し、最上級のグラフィックを備えたオープンワールドゲームとして開発中。まだ現時点で判明している情報は限られており、続報が期待される。

 

 

(c)2020 MARVEL (c)Netmarble Corp. & Developed by Netmarble Monster Inc. 2020 All Rights reserved.

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog