ジャンプすると「脚が折れる」パズルアクション『Legbreaker』itch.ioにて配布中。両足を骨折し這いつくばってでも出口を目指せ

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

インディー開発者のAzaan Lambkin氏が、パズルアクションゲーム『Legbreaker』をitch.ioにて公開している。全30ステージが収録されており、目的は主人公のキャラクターをステージの出口へと導くこと。敵などほかのキャラクターは存在せず、主人公も特別な装備は何も持たないが、「2回ジャンプすると両足が骨折してしまう」という奇妙で困った状況にある。

『Legbreaker』では、5つのステージごとにテーマが分かれており、順にギミックが足されていく。まず最初の5ステージは、ジャンプアクションのみで真っ直ぐ出口を目指すだけとシンプルなもの。ただし、主人公は1回ジャンプすると片足が骨折して足を引きずり、もう1回ジャンプすると両足が折れてしまう。そうなると、もはや這いつくばってしか進めず、それ以上ジャンプはできない。どの場所でジャンプをし、どこに着地するのかを考えて進まないと詰んでしまうだろう。なお、這った状態には1ブロック分のギャップを超えて進めるという特性があり、これを利用しないとクリアできないステージもある。

追加されていくギミックには、たとえば床に設置されたスイッチがあり、これを踏むと出口のロックが解除されるというものがある。ほかにも触れるとミスになるものや、ジャンプの代わりとして限定的に利用できるものなどが登場。そうしたギミックをどのような順番で使うのか、あるいは避けるのか。また2回しかジャンプできないなか、どういったルートを通っていくべきなのか頭を悩ませることだろう。

本作の主人公は、何者かに拉致され実験の被験者にさせられたという設定である。人間に驚異的な跳躍力を与えることを目的に大腿四頭筋を操作するという実験で、秘密の施設にてその成果を試すよう、脚を骨折してまで出口を目指すよう強いられているのだ。施設内を進む中では、この実験に関する意味ありげな描写を見ることもでき、ミステリアスな世界観を感じ取れると同時に、プレイヤーに選択が求められる場面にも遭遇する。

『Legbreaker』は、2回までしかジャンプできないという制約と、いくつかのギミックを用意しながら、パズルアクションゲームとしての基本から応用までを実践して開発したような作品だと言える。詰まらずスムーズに進めれば10分程度でクリアできるコンパクトなゲームだが、初見ではそううまくは行かないだろう。ステージによっては繊細な操作も求められる。itch.ioにて無料で入手できるため、興味のある方はプレイしてみてはいかがだろうか。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog