プラチナゲームズ『The Wonderful 101』現行機向けにリマスター版発表。資金を募るKickstarterは開始1時間半で目標額の10倍以上に

プラチナゲームズは2月4日、『The Wonderful 101』のリマスター版を発表した。それにあわせて、資金を募るKickstarterキャンペーンが開始されている。目標金額(5万ドル)の到達でNintendo Switch版がリリースされ、25万ドル到達でSteam版、50万ドル到達でPS4版の発売が決定される。なお2月4日7時半時点で、Kickstarterに寄せられている資金は50万ドルを突破している。3機種でリリースされることは、ほぼ確実だろう。なおXbox One版については明言されていないものの、神谷英樹氏はGematsuに対し語ったストレッチゴール達成時の対応(したい)コンソールの中に、同ハードが含められている。バッカー向けには、早速2020年4月よりゲームのデジタル版が提供開始されるようだ。

『The Wonderful 101』は、2013年向けにWii U向けに発売されたヒーローアクションゲーム。開発を手がけるのはプラチナゲームズで、任天堂より発売されていた。100名からなるチームワンダフル・ワンダブルオーとして、ヒーローたちを結束させて戦う。ヒーローたちは、ユナイト・モーフによってそれぞれ陣形を変化させることが可能。敵を殴りつけるユナイト・ハンドから切りつけるユナイト・ソード。銃となるユナイト・ガン、鞭となるユナイト・ウィップ。数多くの変形フォームが用意されており、このフォームにて戦ったり謎を解いていくことになる。

スポンサーリンク

『The Wonderful 101』のディレクションは神谷英樹氏が担当しており、プラチナゲームズらしいアクションの爽快感を持ちつつ、前述したユナイト・モーフといったユニークなアイデアを融合。さらにWii Uゲームパッドを駆使したギミックなどが導入されており、らしさあふれる作品に仕上げられていた。当時はWii Uのみでのリリースであったが、現行機向けにリマスターされる。任天堂の許諾を得ることでこの度プラチナゲームズがセルフ・パブリッシングをおこなうようだ。

なおリマスター版については、神谷英樹氏が監修しているといい、画面上の表示、サブメニュー配置、ポップアップテキスト、最新ゲーム機向けの調整などがおこなわれるとのこと。Wii Uゲームパッドならではの要素も存在していたが、こちらも調整されるようだ。またストレッチゴールの達成によって、新モードが追加されることも示唆されている。ストレッチゴールが達成された際には、新モードはすべてのバッカーにDLCとして配布されるそうだ。現在提示されているゴールとしては、100万ドル達成にてタイムアタックモードが、150万ドル達成で作中に出てくる少年ルカの最初のミッションを描く、横スクロールアドベンチャーが実装されるようだ。

猛烈な海外人気により、すでに目標額の10倍以上を集めている『The Wonderful 101』のKickstarterキャンペーン。3900円以上の出資で、ゲームのデジタル版が手に入り、1万1000円以上出資すれば、神谷英樹氏からTwitterアカウントを“ブロックしてもらえる”。そのほか、数々の特典が用意されているので、同作およびプラチナゲームズのファンはKickstarterページを覗いてみるといいだろう。日本語ページはこちらから。

スポンサーリンク

なおプラチナゲームズは昨日に「4」をテーマとしたPlatinum4なるページを開設していた。その第一弾が 『The Wonderful 101』 リマスターであったわけだ。まだ3つ弾があるということ。残りの3タイトルについても注目しておこう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog