『ウィッチャー3』のSteam同時接続プレイヤー数が、2015年ローンチ時の記録を超える。原作小説人気も上昇

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

Steam版『ウィッチャー3 ワイルドハント』の同時接続プレイヤー数(CCU)が、2015年5月のローンチ時記録を更新した。(SteamCharts)。Netflixオリジナルドラマ「ウィッチャー」のシーズン1が12月20日に配信されてから、『ウィッチャー3』のプレイヤー人口は上昇傾向にあり(関連記事)、12月30日にはピーク時のCCUが9万4000人台に到達。これは4年半前のローンチ月に記録した9万2000人台を上回る数字である。ドラマ効果はもちろんのこと、ウィンターセールにより手ごろ価格になっていることや、まとまった休みを取りやすい年末年始であることも人気を後押ししているのだろう。

プレイヤー数が増えているのは『ウィッチャー3』だけではない。1作目『The Witcher: Enhanced Edition』も12月30日にピーク時1万2000人台を記録している。こちらは、同データが集計されている2012年7月以降では最多。他2作ほどではないが、『The Witcher 2: Assassins of Kings Enhanced Edition』のプレイヤー数も上昇傾向にある。

Netflixオリジナルドラマ「ウィッチャー」シーズン1では、小説版「The Witcher」シリーズ(特に短編集「The Last Wish」「Sword of Destiny」)をベースにした物語が描かれる。超人的な力を秘めたウィッチャーのゲラルトが陰謀と策略の渦に巻き込まれていくわけだが、小説とは異なり、ゲラルトだけでなくイェネファーとシリの視点から描かれるオリジンストーリーも導入。吟遊詩人ジャスキエル(ゲーム/英語版小説におけるダンディリオン)の演技と歌唱も好評だ。ドラマ版「ウィッチャー」はすでにシーズン2の製作が決定。俳優Mark Hamillがヴェセミル役に興味を示したりと、今後の展開やキャスティングへの期待が高まる。

なおNetflixオリジナルドラマは原作小説をベースにしていることも影響してか、海外ではゲームだけでなく小説版も再注目されている。米国Amazonでは、著者ランキングで「The Witcher」シリーズ作者のAndrzej Sapkowski氏が1位に浮上している(12月30日時点)。人気の商品は、「The Witcher」初期3作品を同梱したセットや、ドラマ版のもとになった短編集2作品である。短編集の日本語版は発売されていないものの、長編1作目の「エルフの血脈」から長編5作目「湖の貴婦人」まではハヤカワ文庫FTより出版されている。Netflixのドラマ版で興味を抱き、原作から始めたい方はそちらをチェックしてみるのもよいだろう。

ゲーム版に関しては、Steamウィンターセール期間中、『The Witcher: Enhanced Edition』が85%オフの149円(GOG.comでは無料)、『The Witcher 2: Assassins of Kings Enhanced Edition』が85%オフの302円、そして『ウィッチャー3』のゲームオブザイヤーエディション(ストーリーDLC付き)が70%オフの1980円で販売中だ。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る