『ウィッチャー』原作者とゲーム開発元のCD PROJEKTが“仲直り”。新契約を結び関係を強める

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

CD PROJEKTは12月20日、同社と『The Witcher(以下、ウィッチャー)』シリーズ原作者で作家のAndrzej Sapkowski氏との関係を、さらに強固なものにしたことを発表した。具体的には、新契約が結ばれたようだ。過去と現在のニーズおよび期待を満たしつつ、将来的な枠組みを両者間で定めたという。契約更新にあたって、CD PROJEKTは『ウィッチャー』におけるさまざまな商品のIPを取得。ビデオゲームに加えて、グラフィックノベルやボードゲーム、そしてグッズの知的財産権を獲得したとのこと。CD PROJEKTが『ウィッチャー』シリーズを商品展開する上で生まれる障壁を、ひとつクリアしたことになる。

CD PROJEKTは、傘下CD PROJEKT REDのもと『ウィッチャー』のゲームを開発・販売してきたが、近年においてはちょっとしたトラブルが発生していた。というのも、原作者であるSapkowski氏は、昨年からCD PROJEKTに対しロイヤリティの上乗せを要求していたという問題が、今回の発表の背景にある。Sapkowski氏は当初『ウィッチャー』が大きな成功を収めるとは予期しておらず、CD PROJEKTと契約を結ぶ際、利益の割合からのロイヤリティではなく即金の報酬を求めていたという失敗談が、本人によって語られている(Eurogamer)。即金の報酬は100万円程度であるともされており、シリーズの総収益が10億ポーランド・ズロチ(約284億円)以上であることを考えると、あまりにも痛手。

原作者は、ある種の自虐としてこの話をすることも多かったが、昨年から状況が一転。Sapkowski氏は、受け取るロイヤリティがあまりにも低すぎるとし、さらにCD PROJEKTの契約はゲームシリーズの第一作のみ有効であったと主張。補償額を“低く見積もった上で” 6000万ポーランド・ズロチ(約18億円)を求めていた。CD PROJEKTはすぐさまこの主張に反応。Sapkowski氏の見積額には根拠がないと反論しながらも、氏と友好的な関係を維持するために尽力していくとプレスリリースを介して語っていた(関連記事)。

いわば金銭まわりでこじれていたわけであるが、今年に入りポーランドの現地メディアPuls Biznesuが、CD PROJEKTとSapkowski氏の一連の協議が和解に向かっていると報道。それから11か月ほど経過し、公式に和解したことが発表された。どのような契約内容になっているかは明かされていないが、少なくとも金銭面で、両者にとって納得のいく着地点が見つけられたのだろう。CD PROJEKTにとって、『ウィッチャー』シリーズは収益の大黒柱。2019年第3四半期の業績発表の中でも、『ウィッチャー3 ワイルドハント』『奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ』『グウェント ウィッチャーカードゲーム』が収益に貢献したと言及されている。言わずもがな、いずれのタイトルも『ウィッチャー』関連の商品である。

『ウィッチャー』という大きな柱があるからこそ、膨大な時間と資金を費やし『サイバーパンク2077』を開発できるのだろう。会社にとって、Sapkowski氏との関係修復は至上命題であったはず。原作者への支払金額が大きくなった可能性が高いが、第一作目を含めたゲームやグラフィックノベル、ボードゲームにグッズの知的財産権を獲得したということで、CD PROJEKTにとっても契約を刷新するメリットは存在するのかもしれない。原作の小説をベースとしたNetflixドラマの「ウィッチャー」も昨日配信開始されたばかり。そんな中での、明るい発表となった。ゲーム・ドラマの制作側にとってもファンにとっても、胸を撫で下ろすニュースになったのではないだろうか。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog