『マインクラフト』で“いたずらガチョウ”を導入するModが公開中。システムごと変更し、村人をかきまわして翻弄

『マインクラフト』にて、ガチョウが主人公のアクションアドベンチャーゲーム『Untitled Goose Game 〜いたずらガチョウがやって来た!〜(以下、Untitled Goose Game)』を再現するプレイヤーが現れた。その名も「Untitled Chicken Mod」。同ゲームにはガチョウは存在しないことから、Chickenで代用されている。それゆえに名前「Untitled Chicken Mod」となっているわけだ。

『Untitled Goose Game』は、いたずらなガチョウとして街を歩き荒らし回るアクションゲームだ。当初はPC(Epic Gamesストア)とNintendo Switch向けに発売。プレイヤーであるガチョウは、与えられたToDoリストにある目標をこなすために、人々を引っかき回していく。物をくわえたり、ガアと鳴いたり、あるいは走ったりといった少ないアクションの中で、周囲の環境も利用しながら、街の人のさまざまな反応を引き出していく。かわいらしいガチョウが小さないたずらを重ね、混沌を生み出していく自由なシステムが好評を博し、売り上げは10万本を突破。先日にははれてPS4/Xbox One版も発売された。

Mod作者であるDeltaTwoForce氏は、11月末にRedditのr/Minecraftにて、『マインクラフト』内に『Untitled Goose Game』の最初のステージを再現している最中であると報告。全体のマップ画像と、各所の原作と再現画像を比較であげており、話題を呼んでいた。この度、そのModが完成し公開されたというわけだ。

現在公開されているModにて実装されているのは、最初のステージである農園のみ。エリアとしては狭くシンプルな構造であるが、オブジェクト配置から設計までかなり精巧に再現されている。注目点は、ゲームのシステムごと再現しようとしていること。Honkと鳴きゲームをスタートさせる導入から、ToDoリストのタスクを遂行する流れまで実装している。ToDoリストのタスクにはややアレンジが加えられており、おじさんを濡らすタスクなどは残されていながら、ジュークボックスで音楽をかける、農作物を台無しにするといった独自のものも。映像では、原作と同様に陽動作戦を仕掛けるChickenの姿や、いたずらに翻弄される村人の姿が確認できる。見下ろし視点として展開されていることからわかるように、かなりの力の入りっぷり。下の映像を見ることができない方ははこちら

I made a mod that implements Untitled Goose Game game mechanics and one rebuilt level! from Minecraft

前述したようにシステムごと変えるModということで、Modローダーを使わず『マインクラフト』のソースそのものを変更し実現している。GitHubでファイルをダウンロードし、インストーラーを立ち上げて適用する形式。それゆえに、ゲームやワールドをバックアップしておくことが強く推奨されている。まだ動作が安定していないようで、修正が繰り返されている。安定したバージョンがリリースされた際には、バックアップをとりつつ、“いたずらチキン”になってみてはいかがだろうか。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog