PS4コントローラーに2つの「背面ボタン」を増やす、公式アタッチメント発表。数量限定で発売へ

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは12月17日、PS4向け「DUALSHOCK 4背面ボタンアタッチメント」を発表した。2020年1月16日より数量限定で国内発売するという。価格は税別2980円。

「DUALSHOCK 4背面ボタンアタッチメント」は、手持ちのPS4用ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK®4)に取り付けることによって、背面に2つのボタンを新たに追加することができるデバイスだ。DUALSHOCK 4の背面に下から差し込むような形となっており、装着する。なお、現時点で重量などの情報は公開されていない。デバイス自体が小さなものなので、それほど重さはないと思われる。

背面の2つのボタンには△○×□ボタンや方向キーなど、一部例外を除いて、全部で16種類の操作を割り振ることができる。ボタンの割り当ては、OLEDスクリーンの操作でおこなう。外部設定などなしで、デバイス自体で入力の割当が完結するわけだ。設定したプロファイル(ボタンの割り当て)は3つまで保存することができる。

「DUALSHOCK 4背面ボタンアタッチメント」は、ステレオヘッドホン/マイク端子を備えており、3.5mmミニプラグで有線接続するヘッドセットも利用可能。全てのPS4およびPSVRタイトルに対応しているとのこと。さまざまなシーンで活用することができるデバイスであると謳われている。

本デバイスはさまざまな用途に利用できるが、やはり想定されるのはFPSでの使用。スポットやエイム、サブウエポンの使用など何かとR/Lボタンの入力が多くなるシューターにおいては、背面ボタンが増えることで得られる恩恵は大きい。押し込みダッシュなどにも代替できるだろう。実は国内向けには、USB経由で背面ボタンを増やす「ストライクパック F.P.Sドミネーター」なる商品がサイバーガジェットより販売されていた。PS4では多くのシューターが人気を博しており、SIEが発売するとなれば、公認デバイスとして安心して使用できるだろう。

競技シーンでの使用が想定されがちであるが、一方でゲームデザインを解説するYouTuber Game Maker’s ToolkitのMark Brown氏は、特定の運動障害者にとっても重要なデバイスになりえるだろうと指摘している。背面にボタンがつくということは、さまざまなゲーマーにとって多くの意味を持つのだろう。

そうしたデバイスが、SIEから公式に発売される試み自体が非常に興味深い。PS5向けのコントローラー開発における実験の意味合いもあるのだろうか。いずれにせよ、同デバイスがどのように利用されるかが楽しみだ。「DUALSHOCK 4背面ボタンアタッチメント」は2020年1月16日より、税別2980円にて発売予定だ。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る