脱獄ゲーム『The Escapists』とハードボイルド童話ADV『The Wolf Among Us』がEpic Gamesストアにて無料配布開始。次回無料枠は年始まで毎日

Epic Gamesストアにて12月13日、『The Escapists』と『The Wolf Among Us』の無料配信が開始された。配布期間は12月20日まで。またEpic Gamesは、本日開催されたゲームイベント「The Game Awards 2019」にて今月20日から来年1月1日までの12日間、毎日異なるゲームを無料配布すると発表している。

『The Escapists』は、刑務所を題材とした脱獄シミュレーションゲーム。プレイヤーは囚人となり、看守の目を盗みながら脱獄を目指す。脱獄にはあらゆる手段が用意されており、暴動を起こしたり、壁にトンネルを掘ったり、はたまた看守に変装したりなど、脱獄方法は全てプレイヤー次第。ただし、無計画な脱獄は再び独房送りになるだけだ。あくまで日々の日課をこなしつつ、慎重に脱出経路・手段を確保しなければならない。

スポンサーリンク

刑務所での生活では、1時間ごとに日課が割り当てられている。朝の点呼からはじまり、朝食や仕事、シャワータイムなど。こうした時間割の中で看守に警戒されないよう、さまざまな道具を入手しつつ脱獄を目指すのだ。ショベルやピッケル、ハサミなど、使えそうな道具は刑務所内の至るところに落ちている。しかし看守の目は厳しく、持ち物検査や金属探知機、監視カメラなどが脱出を阻む。盗みがバレるとライフルで撃たれることも。いかに監視の目をかいくぐるのかが重要となるだろう。

道具の入手手段としては、お金が有効な場合もある。お金は仕事をすると貰えるが、ほかの囚人からの依頼をこなして稼ぐことも可能。稼いだお金は、ほかの囚人との取引に使える。こうして囚人から脱獄に役立つ道具を購入するのも手だろう。ただし依頼の中には、大きな危険を伴うものもあるため注意が必要だ。また、脱獄用のアイテムはクラフトで作成することもできる。あらゆるアイテムを組み合わせて、それらを脱出の糧とするのだ。

もう一方の無料配布タイトル『The Wolf Among Us』は、おとぎ話がテーマのアドベンチャーゲーム。海外コミックシリーズ「Fables」をベースとした重厚な物語が繰り広げられる。全5つのエピソードで構成されており、プレイヤーはFable Townの保安官Bigbyとなってそこで起きた殺人事件の真相を追う。

本作のゲームプレイにおいては、あらゆる場面でさまざまな選択を迫られる。事件に対して慎重な捜査をおこなうのか、それとも暴力的に解決するのか。プレイヤーの選んだ行動はすべて物語に変化を及ぼすだろう。またひとクセもふたクセもある街の住民たちにも注目。噓つきだったり、意地が悪かったりと、ユニークかつどこか人間味のあるキャラクターたちが登場する。もちろん、彼らとの関係性もプレイヤーの選択によって大きく変化。ハードボイルドな世界観と相まって、没入感の高い物語を味わうことができるだろう。

『The Wolf Among Us』においては「The Game Awards 2019」にて、続編となる『The Wolf Among Us 2』が発表されている。同作では、雪が降る街Big Bad Cityを舞台とし、前作に引き続きBigby、そして友人のSnowが主人公となるようだ。まだまだ詳細は明かされていないが、開発には前作のディレクターNick Herman氏とDennis Lenart氏が携わるという。

なお『The Escapists』に関しては、有志による日本語化Modが配布されている。この機会にミステリアスな事件の捜査とスリル満点の脱獄、両方に挑戦してみてはいかがだろうか。なお冒頭にも述べたとおり、Epic Gamesストアにおける次回の無料配布枠は今月20日から年始にかけての12日間、毎日入れ替わるとのこと。今年のゲームライフの締めくくりにEpic Gamesストアを活用してみてはいかがだろうか。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog