『WHAT THE GOLF?』Nintendo Switch版国内発表、今冬発売へ。ゴルフ未経験の開発者が手がける、正気ではないゴルフゲーム

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

任天堂は12月11日、Nintendo Switch向けインディーゲームを紹介する番組「Indie World 2019.12.11」をYouTubeにて公開。この中で、『WHAT THE GOLF?』を今冬に国内発売すると発表した。

本作は、デンマークのインディースタジオTribandが手がけた、実際のゴルフをプレイしない人のためのゴルフゲームだ。開発者もゴルフ未経験者である。ゴルフは、綺麗に刈られた芝の全18ホールがあり、おしゃれな服を着た人たちが丸いボールを打つなど、いつも同じで退屈じゃないか、という想いから本作を開発したそうだ。

『WHAT THE GOLF?』の基本的なルールは、打つ方向と強さを決めてショットすることのみ。いくつかのホールでは、ボールを打ってカップに入れることを目指すが、ホールにやたらと障害物があったり、ボールを吹き飛ばす大型ファンが設置されていたり、あるいは余裕でホールインワンの超ショートホールかと思いきや、打つと同時にカップが“逃げて”いったりと、まともにゴルフをさせてくれない。

それどころか、普通のゴルフボールを打つホールはむしろ少数派。一見なんの変哲も無いホールと思っても、打ってみるとボールではなくゴルファーやクラブ、椅子、ドラム缶などさまざまな物が飛んでいったりと、意外なものがボール代わりになることは当たり前。果てには、ゴルフと関係ないスポーツになったり、ボスバトルが始まったり、あるいは見覚えのある有名ゲームのオマージュのようなゲームプレイも多数登場。ショットしてみるまで何が起こるか分からない本作は、プレイしている内に「ゴルフってなんだっけ?」と考えさせられる作品である。

 
Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog