株ポケが『ポケットモンスター ソード・シールド』の情報を発売前に流出させた“リーカー”を相手に訴訟。損害賠償を求める

株式会社ポケモンインターナショナルが、『ポケットモンスター ソード・シールド』の情報を発売前に流出させた“リーカー”を相手に、ワシントン州西地区連邦地方裁判所にて訴訟を起こしている。Forbesなどがその詳細を報じている。「John/Jane Does(身元不明の被告人)」を相手に、損害賠償を求めている。株式会社ポケモン側の弁護士は、かつてGoogleなども担当していた大手テック企業を顧客に持つ大手法律事務所Perkins Coieに所属する。

スポンサーリンク

『ポケットモンスター ソード・シールド』は、「最強のポケットモンスター」を掲げて開発されたシリーズ最新作。Nintendo Switchでリリースするにあたって、キャラたちの頭身が上がるなどグラフィック表現が大幅にパワーアップ。ガラル地方を舞台とし、新たなジムやポケモンが導入されるほか、メガシンカやZ技に置き換わりダイマックスシステムが登場。システムもグラフィックも大きく進化している。

同作は2019年11月15日にリリースされたが、11月頭より突如本作の未公開情報がインターネット上に出回っていた。新キャラや新ポケモン、そのほか過去作から登場する旧ポケモンなどが公開されており、それらについての賛否を問う議論が繰り広げられていた(関連記事)。疑わしき情報であったものの、出回っていた情報の中には本当のものが含まれていたようで、その情報を流出させたユーザーを相手取り、株式会社ポケモンが訴訟を起こしているわけだ。訴状の内容をざっとまとめたい。

株式会社ポケモンは、『ポケットモンスター ソード・シールド』における新ポケモンや登場ポケモンに関する情報を極めて重要に管理していたという。ゲーム業界の競争は熾烈であり、プロモーションを重要視していたからだ。新ポケモンや登場ポケモンの情報は、その中でも重要な情報であり、最新作への興奮と関心を最大化するために、タイミングをじっくり見極めながら、公開をしてきたとのこと。つまるところ、未公開情報には非常に価値があったのだ。

なお訴状では、同作の舞台であるガラル地方が「イギリス」をモチーフにしていることが公式に言及されている

しかしながら、“リーク”や“ネタバレ”と呼ばれる、株式会社ポケモンの承諾を得ない発売前の情報公開によって、こうした広報戦略が害され、ユーザーの興奮と関心を引き下げたと断言。さらにファンのサプライズを奪ったとも。株式会社ポケモンは大きな損害を負っており、被告人は不正な情報開示への責任を問いている。

株式会社ポケモンインターナショナルは、公式ガイドブック「Pokémon Sword & Pokémon Shield: The Official Galar Region Strategy Guide」(以下、ストラテジーガイド)を制作しており、“リーカー”はどうやらそのストラテジーガイドのイメージを入手したようだ。時系列としては、11月1日にこのストラテジーガイドに掲載された新ポケモンやキョダイマックスの姿など未公開情報を大量に公開。Discordの特定のチャンネルに張り、拡散させたという。その後、さらに18枚の画像を公開し、その後も名前を変えながら拡散を続けたとも。そうした画像はすぐに他のSNSにも広まり、30分経たぬうちに4chanやredditに拡散されたという。株式会社ポケモンはそれらをすぐに確認し、損害を軽減するためにプラットフォーマーに画像削除を依頼。ただし、インターネットは巨大な海。結果としてそれらの情報はメディアなどにも掲載され、広範囲に拡散されてしまった。

訴状によると、株式会社ポケモンは、前述したように最新作のゲーム内容には価値があるとしており、ゲームコンテンツはセキュリティ度の高いコンピューターに保存。限られた人のみアクセスできる仕様にし、データ転送も暗号化。ファイルを開く際にも、情報開示における承諾をさせるつくりであったという。またオフィス自体も、キーカードによって厳しく入室が制限されていたとも。一連の情報が掲載されたストラテジーガイドについても、同様に厳密に保管されたいという。作成する業者とも秘密保持契約を結んでおり、保管場所への携帯電話やカメラの持ち込みは禁止されていた。しかしながら、このストラテジーガイドを携帯電話のカメラで撮影したと思わしき画像が流出し、被告人により11月頭に情報が拡散された。

該当のDiscordサーバーは、redditのポケモン情報を扱うr/Pokemonユーザーらによるサーバー

訴状の被告人の名前が「John/Jane Does」となっていることからもわかるとおり(被告人の身元が不明の場合、訴状にてJohn/Jane Doesと記載する)、株式会社ポケモンは、まだ具体的な個人は特定できていないという。とはいえ、Discordの会話履歴などから実在する人物であることはわかっており、株式会社ポケモンはすでに4人のDiscordユーザーを情報流出の関係者として特定している。訴状ではそのDiscordユーザー名もあげている(そのうち、写真を撮影したのはユーザー名WolfenX#5356であるとされている)。彼らをどう調査したか/しているか、また居住している州はどこなのかなどの情報も公開されている。彼らの身元特定に必要な情報を提供してもらうため、現在は4chanやDiscord運営元を法廷に呼ぶ許可を裁判所に求めている。流れとしてはまずDiscordに情報が流出し、その後4chanやredditにて投稿されたが、4chanの投稿人物はオリジナルのリーカーとの関わりがあると疑われており、4chanの召喚が検討されている。

実際にDiscordにて画像を投稿したのはDimensioNz氏であるが、WolfenX氏のかわりにアップロードした旨を記している

『ポケットモンスター』シリーズにおいては、以前にも『ブラック・ホワイト』にて発売前に、未公開のポケモンを投稿したユーザーが逮捕されていた(日経新聞)。本作においても、同様に裁判が動き出したわけだ。相手が特定され次第、損害賠償の額など具体的な部分も定まっていくと予想される。『ポケットモンスター ソード・シールド』の仕様やゲーム内容においては、各々意見があるかと思われるが、機密情報を流出させる・そしてその情報を拡散することは許されない。それは道義としてだけでなく、裁判によっても改めて証明されるだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog