ステルスFPS『BONEWORKS』Steamで12月10日発売へ。次世代VRゲームと謳われた期待作

インディースタジオStress Level Zeroは11月9日、『BONEWORKS』を12月10日にSteamで配信すると発表した。VR対応タイトルとなっており、デバイスとしてはValve IndexやHTC Vive、Oculus Rift、そしてWindows Mixed Reality製品をサポートする。なお本作は発展したVRメカニックやコンセプトを提供するタイトルであるため、プレイするにあたって、過去にVR作品に触れたことがあることと、あらかじめVRについての原理ややり方を理解しておくことが推奨されている。

『BONEWORKS』は一人称視点のステルスゲームだ。プレイヤーはMONOGON Industriesの人口知能OS「Myth OS」の秘密を暴くため、潜入捜査を進めていく。本作では、物理演算を取り入れた謎解きや戦闘が展開される。同作のオブジェクト挙動においては「発展した物理演算」が採用されているといい、ロッカーを開けたりボタンを押すといった基本的な行動に加えて、バールで柵を引っ掛けたりパイプにしがみついて進むなど複雑な行動も再現可能。

戦闘もそうした物理演算に則って展開され、近接攻撃や銃器などに加えて、物を落としたり投げたりといったオブジェクトを利用した戦いもできる。まわりに置いてあるものは、なんでも攻撃手段になるそうだ。なお戦闘に用意されている武器も多彩で、剣や斧、鈍器に槍にハンマー、また銃器としてはエナジーウエポンが存在するという。前述した、ゲーム内に置いてあるものが武器になるように、インタラクションに力が入れられている本作。発売日発表トレイラーでは、さまざまなオブジェクトを調べ、潜入を進めている様子が確認できる。さらにはフルボディ IK システムによって、身体がそこにあるかのような表現を描き、没入感を補強しているそうだ。

本作を手がけるStress Level Zeroは、アメリカ・ロサンゼルスに拠点を置くスタジオ。『Hover Junkers』『Duck Season』といった高評価VRゲームを手がけてきた実績を持つ。最新作『BONEWORKS』は、次世代VRゲームと謳われ開発されてきた作品で、今年3月に公開されたゲームプレイトレイラーは600万回以上再生されるなど、期待が寄せられてきたタイトルである。今回公開された映像でも、謎解きや演出など細部までこだわられた部分が垣間見える、前評判に違わぬゲームに仕上げられていそうだ。

『BONEWORKS』は12月10日にSteamにて発売予定。SteamコミュニティのFAQでは、同作のデモ版の可能性なども言及されているので、気になる方はそちらをあわせてチェックしておくといいだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog