『ポケモンGO』GOロケット団リーダーたちがついに日本襲来。したっぱたちを倒しサカキに挑め

『ポケモンGO』に登場するGOロケット団。時にポケストップを支配し、トレーナーたちに戦闘を挑むしたっぱたちが同作には登場するが、そのリーダーたちが日本(アジア太平洋地域)に姿を現したようだ。先日より『ポケモンGO』公式Twitterには、GOロケット団のリーダーであるクリフやシエラ、アルロといった人物からのメッセージが届いていたほか、彼らと各チームのリーダーたちが遭遇するバックグラウンドストーリーが公式サイトにて公開されていたが、ついに彼らが日本に上陸したようだ。

スポンサーリンク

GOロケット団リーダー登場に伴い、出現したアクティビティは大きくわけてふたつある。したっぱを倒すことでロケットレーダーを完成させ、リーダーたちに挑み勝利すること。そして、新たに登場したスペシャルリサーチ「隠された真相をあぶり出せ!」を進めていくこと。新スペシャルリサーチには、GOロケット団のしたっぱやリーダーを倒すタスクが用意されており、大きくふたつに分かれているものの、それらは紐付いているというわけだ。

Pokemon Go Hubなどで掲載されている海外情報に基づき、一通りの攻略情報を見ていこう。まずGOロケット団リーダーたちに挑むには、したっぱたちを倒す必要がある。最初に、GOロケット団のメンバーが潜んでいるポケストップ(くすんだ色をしている)を回して、したっぱたちに戦闘を挑む。勝利すればふしぎなパーツなるアイテムが手に入る(確率か確定かは不明であるが、確定濃厚)。それらを6個集めれば、ロケットレーダーが完成。ロケットレーダーを使用すればGOロケット団のリーダーたちが潜むポケストップが判明し、そこで彼らに挑み勝利することでスペシャルリサーチが進むほか、貴重なアイテムが手に入る。報告されているアイテムとしては、ほしのすな1000と以下のアイテムからふたつをランダムで入手できる。

・げんきのかたまり
・げんきのかけら
・まんたんのくすり
・イッシュの石
・シンオウの石

各リーダーが繰り出すポケモンも報告されており、クリフの最初のポケモンはニャース。二匹目はカビゴン、サンドパンやフライゴンの中からランダムで一匹。三匹はバンギラスやゴウカザル、ドダイトスから一匹。シエラの最初のポケモンはニューラで、二匹目はスリーパー・ラプラス・ヤミラミからランダムで一匹。三匹目はフーディン・ヘルガー・サーナイトからランダムで一匹。アルロの最初のポケモンはストライク。二匹目はジバコイル・クロバット・ギャラドスからランダムで一匹。三匹目はハッサム・カイリュー・リザードンからランダムで選出される。

アルロは特に重めのポケモンを揃えているが、全体的にはかくとうやじめん、こおりタイプが通りのよい印象。カイリキーやマンムーなどを使うと突破しやすくなるかもしれない。なお、3人のリーダーはしたっぱと異なり「シールド」を使用する。かなり手強くなるので、注意したほうがいいだろう。またほかのGOロケット団と同様に、勝利すれば最初に繰り出したポケモンをゲットできるチャンスが到来する。具体的にはクリフならニャースで、シエラならニューラ、アルロならストライク。シャドウポケモンとして登場する3匹は色違いとして出てくる可能性もあるようで、色違いマニアとして挑戦したいところだ。

ちなみにロケットレーダーについては、リーダーを倒すたびに消費される。再度戦うためには、またしたっぱを倒しふしぎなパーツを6個集めなければならない。またリーダーたちの出現時間は朝6時から夜22時までという報告も。したっぱについては夜に出てくることもあるが、リーダーたちに会うには日の出ている時間を出歩くほうがよさそうだ。

スペシャルリサーチについては、したっぱをx回倒すといったものから、シャドウポケモンを捕まえる、ポケストップをx回/x日回すというものまで幅広い。リトレーンなども絡んでおり、登場から時間が経ち忘れられつつあったGOロケット団に挑むトレーナーたちが続出するだろう。リーダーたちを倒すなどしスペシャルリサーチを進めれば、スーパーロケットレーダーが手に入るといい、それを用いてサカキを見つけ出しバトルを仕掛けるようだ。サカキの手持ちのポケモンや報酬は現時点では不明であるが、倒せば「伝説のシャドウポケモン」が手に入るとのこと。

今年7月から登場し『ポケモンGO』の中で勢力を伸ばしてきたGOロケット団。リーダーたちの襲来により、一連の物語が完結に向かっていることを予想させる。GOロケット団のしたっぱについては、戦闘直前に彼らは手持ちポケモンのタイプを示唆することもあり、タイプ相性さえ合わせればポケモンが育ちきっていなくとも勝利可能。初心者も上級者も、これを機にGOロケット団討伐に挑戦してみよう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog