『モンスターハンターワールド:アイスボーン』と『バイオ2』コラボイベントは11月8日配信。レオンとクレア、またはゾンビになってヴァルハザク討伐

カプコンは『モンスターハンターワールド:アイスボーン』×ラクーンシティコラボのイベントクエストを、明日11月8日(金)から期間限定で開催することを発表した。『モンスターハンターワールド:アイスボーン』のゲーム内にイベントクエストが追加され、レオン/クレアのワンセット防具など『BIOHAZARD RE:2』関連のアイテムが登場するコラボレーションとなっている。

ラクーンシティコラボではイベントクエスト「RE:戻り来た生物災害」が登場。
実施期間は2019年11月8日(金)9:00~2019年12月6日(金)8:59

スポンサーリンク

受注・参加条件:MR20以上
フィールド:瘴気の谷
メインターゲット:死を纏うヴァルハザクの討伐

このクエストでは瘴気の攻撃を受け続けることによる「瘴気浸食状態」の代わりに、新規状態異常として「ゾンビ状態」が発生する。またクエスト中は瘴気耐性スキルが無効となる。「ゾンビ状態」になるとゾンビらしくプレイヤーが攻撃を受けてもひるまなくなり、体力は自動的に回復する。ただしゾンビ独特の動きになるため、行動が制限され通常の回復効果も無効となる。抜刀すると「ゾンビ状態」の自動回復効果が弱まってしまう。「ゾンビ状態」の解除にはフィールドで採取できるクエスト専用アイテム「グリーンハーブ」を使用する。「グリーンハーブ」を希少な「レッドハーブ」と調合して効果を高めることもできる。

イベントクエストのクリア特典は防具やジェスチャー、家具、チャームなど多岐にわたる『BIOHAZARD:RE2』関連のアイテムが用意されている。

 

ジェスチャー(2種)

「ラクーンシティコラボ ゾンビ変化」

常時ゾンビ状態になることができるジェスチャー。ゾンビ状態のまま自由に動き回ることができるが、「ダメージのリアクションなし」や「体力の自動回復」といった特性は持っていない。ゾンビ状態時、「ラクーンシティコラボ ゾンビ変化」は「ラクーンシティコラボ ゾンビ解除」へと名称が変わり、このジェスチャーを行うことで通常状態に戻ることができる。フィールドでは回避行動を行うことでいつでもジェスチャーを解除できる。

「ラクーンシティコラボ ゾンビ掴み」

ゾンビのように前方に向かって掴みかかるジェスチャー。掴みかかった先にモンスターがいた場合、微量のダメージを与える。

 

ワンセット防具(2種)

イベントクエストをクリアすると「S.T.A.R.S.バッジ」などの素材を入手できる。これらを使ってワンセット防具「EX レオンα」と「EX クレアα」シリーズを生産することができる。ワンセット防具を装備すると「ゾンビ状態」と「瘴気浸食状態」になることを防ぐスキル「ゾンビ・瘴気耐性」が発動する。

 

チャーム(3種)

特定の条件で抜刀するとしゃべるチャーム「The Tofu Survivor」
ラクーン警察の紋章を模ったチャーム「R.P.D.」
アンブレラ社のロゴマークを模ったチャーム「アンブレラ」

マイハウスにはコラボクエストに関連した家具が追加。各種ハーブや救急スプレー、タイプライターなど11種類の家具が新たに加わる。タイプライターはセーブが行え、アイテムボックスはアイテムの管理ができるなど『BIOHAZARD:RE2』の設定を生かした家具となっている。さらにコラボイベントに合わせて有料のダウンロードコンテンツも用意されている。受付嬢をタイラントにする「なりきりタイラント」や追加スタンプセットは11月7日(木)から発売だ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog