Nintendo Switchシリーズの国内販売台数が1000万台を突破。Wiiを上回るハイペース維持し続ける

任天堂は本日2019月11月5日、Nintendo Switchシリーズ(Nintendo SwitchおよびNintendo Switch Lite)の国内販売台数が1000万台を突破したと発表した(任天堂調べ)。Nintendo Switchが発売されたのは2017年3月3日。2年8か月での大台達成となる。なおNintendo Switchの全世界の販売台数は2019年9月末時点で約4170万台。ざっくりと計算すれば、日本での販売台数は全世界販売台数の1/4程度になる。

スポンサーリンク

Nintendo Switchは2017年3月の発売時よりハイペースで売上を伸ばしている。据置ハードとしても携帯ハードとしても運用できる特徴がユーザーの心をつかんだ。2017年は『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』や『スプラトゥーン2』『スーパーマリオ オデッセイ』といった人気タイトルがコンスタントに投じられ、ロケットスタートを切る。2018年は前年ほど主力ソフトが投じられなど、任天堂タイトルの販売は比較的静かであったが、年末に『ポケットモンスター Let’s Go!』『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』などを発売し本体販売台数を伸ばす。

今年については春先から『スーパーマリオメーカー2』を筆頭に夏場からコンスタントにタイトルを投じ、本体販売台数も順調に増加。9月にはNintendo Switch Liteも発売され、そちらも販売台数増加に貢献しているだろう。なおNintendo Switch Liteについては海外で特に人気を博しており、国内と海外での比率は2:8。この数字については、古川俊太郎代表取締役社長は、携帯ゲーム機の受け入れられ方が変わったというよりは、これまでのNintendo Switchの勢いが反映されているのではないかと回答していた(2020年3月期 第2四半期 決算説明会 質疑応答)。

なお参考としては、任天堂プラットフォームとして全世界販売台数が1億台を突破したハードWiiが、3年3か月をかけて国内販売台数1000万台を突破していた(エンターブレイン調べ)。一方Nintendo Switchは2年8か月での達成。特に販売台数が伸びやすい年末を控えて大台を突破したというのは、数字以上にWiiを上回る勢いがあることがわかるだろう。

Nintendo Switchにおいては、従来のソフトの販売に変更して、ダンボールとの融合を特徴とする「Nintendo Labo」やフィットネス要素を取り入れた「リングフィットアドベンチャー」など新機軸の試みをなされており、特に後者については小売店・インターネット通販において品切れが続出しておりヒットの予感を漂わせている(関連記事)。他プラットフォームメーカーとは異なる独自路線を貫く任天堂。ハイブリッドハードの勢いはまだまだ続きそうだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog