Steamハロウィンセール2019開幕。『バイオハザードRE:2』半額など、ホラーゲームを中心に多数の作品が値引き中

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

本日10月29日、Steamにてハロウィンセールが開催された。セール開催期間は11月2日の2時まで、約5日間のあいだ実施されることになる。前年同様、今回のハロウィンセールでも、ホラーゲームを中心に多数の作品がセール対象に。あわせて、現在開催中のゲーム内ホラーイベントの紹介もおこなわれている。本稿では数あるホラータイトルの中から、セール対象作品をいくつかピックアップ。また、ホラー作品以外のセール対象作品も紹介していく。

まずは、マルチプレイを中心とするホラーゲームから取り上げていこう。今なお売り上げ上位に食い込む非対称型マルチホラーサバイバル『Dead by Daylight』が50%オフで990円。ゾンビ×クラフトなサンドボックスゲーム『7 Days to Die』が66%オフの843円。こだわりのゴア表現が光る、爽快Co-opホラーシューティング『Killing Floor 2』が50%オフの1490円。13日の金曜日をモチーフにした非対称鬼ごっこホラー『Friday the 13th: The Game』が50%オフの1025円。夜の街を舞台に子どもたちが謎の影から逃げるCo-opステルスホラー『The Blackout Club』が20%オフの2472円。TPS視点で大量のゾンビを撃ちまくるサバイバルアクションシリーズ1と2をセットにした『Zombie Army Trilogy』が80%オフの916円。また、Co-opサバイバルの金字塔『Left 4 Dead』および『Left 4 Dead 2』がともに80%オフで202円となっている。

スポンサーリンク

次に、ソロプレイを中心としたホラータイトルをピックアップしていく。リメイクにして圧倒的なクオリティを誇るバイオハザードシリーズ最新作『RESIDENT EVIL 2 /BIOHAZARD RE:2』が50%オフで3972円。タイのデベロッパーが産んだ珠玉のホラーアドベンチャー『Home Sweet Home』が40%オフで1008円。おぞましい精神病院でカメラ片手に凄絶な逃走を繰り広げる『Outlast』が80%オフで410円。またその続編であり、カルト宗教に支配された村へと舞台を移す『Outlast 2』が75%オフの772円に。『Until Dawn』開発元が送るシネマティックホラーゲーム『The Dark Pictures Anthology: Man of Medan』が33%オフで2358円。クトゥルフ神話から影響受ける名作ホラーADV『Amnesia: The Dark Descent』が85%オフで297円。続編控えるパルクールゾンビアクション『Dying Light』が66%オフで1387円。クリーチャーが彷徨う島でサバイバルするオープンワールドゲーム『The Forest』が40%オフの1230円。サイバーパンクな世界で刑事となって事件を追うサイコホラー『>observer_』が75%オフの745円となっている。

ここからは、小粒ながらも怖さ引き立つインディーホラー作品を紹介していく。歪なモノクロ世界で少年が妹を探す『LIMBO』が77%オフの225円。開発元は同じくして、陰鬱な退廃世界を舞台に少年の逃走劇を描く『INSIDE』が66%オフの673円。続編の発売が2020年に控えるダークアドベンチャー『Little Nightmares』が75%オフの605円。
『P.T.』のような世界観で異変にまみれた家を探索する『Visage』が20%オフの2056円。悪霊少女から逃げつつ、館からの脱出目指すマルチプレイ対応ホラー『Pacify』が31%オフの358円。90年代のFPSからインスパイアされたバイオレンスシューター『DUSK』が25%オフの1499円。狂気に満ちた精神世界のような場所で少女の冒険を描く『Fran Bow』が50%オフの740円。覚めない夢に閉じ込められた少年の目を覚ます『DARQ』が25%オフの1537円。ライターの灯りだけを頼りに、異形の存在が潜む屋敷を探索する『Palmyra Orphanage』が21%オフの489円となっている。

スポンサーリンク

最後に、非ホラー作品もしくはホラー成分が弱いセール対象タイトルを紹介する。対人戦と対NPCを織り交ぜたマルチプレイを特徴とする『Hunt: Showdown』が30%オフで3149円。
ゾンビうろつくオープンワールドで、なんでもありなサバイバルを繰り広げる『SCUM』が33%オフの1721円。重厚な物語や作り込まれたマップなどから、今なお高評価を得る傑作オープンワールドRPGのDLC全部入り版『THE WITCHER 3: WILD HUNT – GAME OF THE YEAR EDITION』が70%オフの1980円。ダークな世界観を特徴とする高難易度ローグライクRPG『Darkest Dungeon』が70%オフで744円。無数の選択肢のなかで、好きなように荒野を生き抜く『Kenshi』が33%オフで2345円。特殊な収容施設でモンスターたちを管理する『Lobotomy Corporation | Monster Management Simulation』が33%オフで1721円となっている。

ほかにも、VR対応ホラータイトルもいくつかセール対象となっている。不気味な人形たちに見つからないよう、閉じ込められた家から脱出図る『Emily Wants To Play』が51%オフの244円。音だけを頼りに真っ暗闇を探索するステルスホラー『Stifled』が20%オフで1640円。不気味な動物人形たちが迫る監視室で、決められた日数を過ごす『FIVE NIGHTS AT FREDDY’S VR: HELP WANTED』が30%オフの2163円となっている。また、『MONSTER HUNTER: WORLD』(50%オフで3050円)や『Bloodstained: Ritual of the Night』(20%オフで4384円)など、今回のハロウィンセール開催の数日前からセール対象となっている作品にも注目だ。この機会にフレンドと、もしくは1人でホラーゲームをじっくりプレイしてハロウィン気分を盛り上げてみてはいかがだろうか。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog