『バイオハザード RE:2』のタイラントを「ガチョウ化」するModが開発中。鳴き声も収録

ガチョウとなって町の人々にいたずらを仕掛けるサンドボックスゲーム『Untitled Goose Game 〜いたずらガチョウがやって来た!〜』。同作に登場する主人公のガチョウは、その可愛らしい見た目や、町の人々を混乱に陥れる様子などが話題を呼び、今や多くのファンを抱える人気キャラクターとなっている。そして今回、ガチョウはMod開発者の手によってPC版『バイオハザード RE:2』にもやってくるようだ。

スポンサーリンク

今回話題の的となっているガチョウModは、ModderのΛLISTΞRことZombieAli氏の手によって開発されているようだ。その内容は、『バイオハザード RE:2』に登場するタイラントをガチョウに置き換えるというもの。ZombieAli氏は「Untitled Goose Chase?」と、『Untitled Goose Game』をもじったような一文とともに、一枚のGIF画像をTwitterに投稿。GIF画像には、墜落したヘリコプターを持ち上げる大きなガチョウの様子が映し出されている。本来であれば、タイラントが突然目の前に現れるインパクトの強いシーンだけに、フェドーラ帽を被った真っ白なガチョウが現れる様子にはどこか軽妙な感覚を覚える。

前述したツイートに続けてZombieAli氏は、「And yes. the final version will include extra HONKS」(最終バージョンでは鳴き声も収録する予定)ともコメント。この報告には嬉しさを隠せないユーザーの姿も。また、ガチョウModの配布時期については、「Soon! Got a few more things to add first」(もうすぐ!その前にいくつかやることがある)と述べている。配布までにはもうしばらく時間がかかりそうだ。ちなみに、ガチョウがなぜフェドーラ帽を身につけているのかについては、「可愛らしいから」とシンプルな理由を述べている。

余談にはなるが、実はこうしたガチョウModは、『Untitled Goose Game』がリリースされる前から存在する。PC版『GTA V』に向けては、プレイヤーをガチョウ化する「Big Goose」と呼ばれるModが配布中。同Modでは、くちばしを用いてNPCキャラクターをつつくことできる。また『Skyrim』には、ガチョウをペットにするModや、馬をガチョウ化するModなど、ガチョウ関係のModが多数配布されている。

『Untitled Goose Game』の影響により、巻き起こったガチョウブーム。SNS上にはファンアートが多数投稿され、さらにはガチョウになりきってゲーム配信をおこなうストリーマーが現れるなど、ガチョウはあらゆる方面に羽を伸ばしている。今回報告されたタイラントをガチョウ化するModは、プレイヤーにどのような体験をもたらしてくれるのだろうか。ガチョウの“いたずら”はまだまだ止まらなさそうだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog