リズムアクションゲーム『AVICII Invector』Steam版などが発表。 アヴィーチーの楽曲でプレイできる公式ゲーム

パブリッシャーのWired Productionsは10月15日、Hello There Gamesが手がける『AVICII Invector』をPC(Steam)および海外Nintendo Switch/Xbox One向けに発表した。今冬発売予定。Steamのストアページによると、日本語表示に対応するようだ。

本作は、2018年に亡くなった音楽プロデューサーAvicii(アヴィーチー)ことTim Bergling氏との2年間にわたるコラボレーションにより制作されたリズムアクションゲーム。2017年に海外PlayStation 4向けに発売されており、今回さらなるプラットフォームに対応するほか、コンテンツを追加してPS4向けにも再リリースする。

スポンサーリンク

『AVICII Invector』では、神秘的な空間を貫くレーンの上を自機が飛行しながら、楽曲のリズムに合わせて配置されたノートをヒットしていく。ノートにはゲームパッドの各ボタンが表示されているため、配置されたラインに横移動し、リズムに合わせてタイミングよく入力することが求められるのだろう。レーンが途切れている場所でジャンプする様子も見られる。また、ステージによっては三角柱のトンネルのようになっているレーンもあり、ここでは横移動の代わりにトンネルを回転させ、3つの面に配置されたノートを捉えていかなければならない。

ステージには合わせて6つの環境があり、ひとつの楽曲ごとにプレイ。もちろん、Aviciiが生前手がけたヒット曲を収録する。全25曲が用意され、たとえば「Without You」や「Wake Me Up」「Lay Me Down」「Pure Grinding」「The Nights」「Wating For Love」などがある。難易度は3段階で調整可能だ。ソロプレイにてオンライン上のほかのプレイヤーとハイスコアを競ったり、最大4人での画面分割ローカルマルチプレイで楽しめる。

Aviciiとのコラボによって生まれた『AVICII Invector』だが、今回のリリースにあたっては同氏の家族と協力しているという。販売元Wired Productionsは、本作の販売によって得たロイヤリティのうち25パーセントを、Aviciiの家族が設立した、若者の自殺の原因と予防の研究を支援する財団Tim Bergling Foundationに寄付するとのこと。

今年12月には、Aviciiのトリビュートコンサートがスウェーデン・ストックホルムにて開催される。今冬発売予定という『AVICII Invector』は、このイベントに近いタイミングでのリリースを目指しているのかもしれない。本作のさらなる詳細は今後発表するとのことだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog