基本プレイ無料FPS『Call of Duty: Mobile』フリーフォーオールモードがプレイ可能になるゲーム内イベント開始

Activisionは10月11日、iOS/Android向けに配信中の基本プレイ無料FPS『Call of Duty: Mobile』にて、ゲーム内イベント「フリーフォーオールチャレンジ」を開始した。本日から10月17日(協定世界時)までの期間限定イベントとなっており、期間中はゲームモード「フリーフォーオール」がプレイ可能。目標をこなすことで報酬も獲得できる。

スポンサーリンク

『Call of Duty: Mobile』では、10月1日の配信開始以来いくつかのゲーム内イベントが実施されており、たとえば全プレイヤーの累計マッチ数に応じて特別なアイテムがアンロックされていくローンチイベント「世界を燃え上がらせろ」や、バトルロイヤルモードにて指定の目標をこなし報酬を獲得する「バトルロイヤルチャレンジ」が実施中。ちなみに、「世界を燃え上がらせろ」については累計3億試合までの報酬が用意されていたが、すでに大きく突破している。調査会社Sensor Towerによると、本作は配信開始から1週間で早くも1億ダウンロードを記録しており、これは『PUBG MOBILE』や『フォートナイト』よりもはるかに速いペースとのこと。

今回開始した「フリーフォーオールチャレンジ」では、先述のとおりフリーフォーオールモードが追加されプレイ可能となる。8人のプレイヤーが全員敵同士として戦う、『Call of Duty』シリーズでもおなじみのデスマッチ形式のゲームモードだ。制限時間は10分で、いずれかのプレイヤーが目標スコア(計20キル)に到達した時点で試合終了。累計キル数の上位3名が勝利となる。なお、フリーフォーオールモードはレベル8に到達するとアンロックされるため、本作をプレイし始めたばかりという方はほかのゲームモードをプレイして、まずはレベル8まで上げることを目指そう。

そして、このイベントではいくつかのタスク(目標)が設定されている。たとえばフリーフォーオールの試合をX回プレイ、あるいはX回勝利といったものや、フリーフォーオールに限らずマルチプレイの試合にて敵をX名倒すといったものがあり、期間内にタスクを達成できるとそれぞれの報酬を獲得できる。

本作では、先述したバトルロイヤルモードのほかに、チームデスマッチやドミネーション、サーチ&デストロイなどのゲームモードも用意され、またAI相手に練習できるモードもある。今回追加されたフリーフォーオールモードについては期間限定と表示されているため、フリーフォーオールチャレンジが終了する10月17日以降もプレイできるかどうかは現時点では不透明だ。個人戦であり初心者でも気軽にプレイしやすいモードだと言える。このイベント期間中にプレイして報酬をゲットしよう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog