木こり生活ゲーム『Lumberjack’s Dynasty』11月21日Steam早期アクセス配信開始へ

オーストリアのパブリッシャーToplitz Productionsは、『Lumberjack’s Dynasty』を現地時間11月21日よりSteam早期アクセス販売すると発表した。『Lumberjack’s Dynasty』は、木こりとしての生活を楽しむ、一風変わったゲームである。

スポンサーリンク

『Lumberjack’s Dynasty』は、「木こりの王朝」というタイトルにもあるように、木こりとして暮らす作品だ。弊誌では、林業をテーマとした似た名前の作品『Lumberjack Simulator』をすでに紹介しているが、本作はよりロールプレイに焦点を当てた作品となるようだ。林業だけでなく会社経営などもまじえたゲームとなるといい、ストーリーなども用意されているとのこと。

本作ではプレイヤーは、潤沢な木材の資源を用いて自分の王国を作り出す。父親が譲り受けた荒廃したキャンプを、自分なりに開拓していく。かつてキャンプ地に存在したであろう、栄光を取り戻すのだ。森へ赴き木を伐採し、採取し、さまざまな製品に加工することで、ビジネスの資本にしていく。木材の用途はとにかく幅広い。火や道具や武器にするほか、料理や加熱の材料にもなる。家具にしてみるのもいいだろう。木の可能性は無限大だ。慣れてくれば、家を修理し、キャンプを改装し、砂うすをメンテナンスしよう。

都会の喧騒から離れた郊外のキャンプで、ひたすら作業をおこなう。しかしそんな自然豊かな地では、癒やしのひとときを感じることもでき、何よりも木こりとしての没入感を味わうことができるだろう。無言で伐採を進め、小屋に運び込み、加工し製品を作り出し儲けるのだ。家族を養う余裕ができれば、会社を作りさらに堅牢な“王国”を作り出せ。

開発・販売元であるToplitz Productionsは、シミュレーター作品の制作と発売に精力的なメーカー。直近の『Airport Simulator 2019』などは不評であるが、同系統の作品にあたる『Farmer’s Dynasty』は高評価を獲得している。『Lumberjack’s Dynasty』は、ライフシミュレーターの初心者にもベテランにも楽しめるようなゲームデザインになっているそうだ。同社の過去作は、日本語に対応するケースもあるだけに、日本対応にも期待を寄せたい。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog