PS4『P.T.』にて、通常のゲームプレイでは見ることのない存在が発見される。バスタブに浸かるあの女性

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

小島秀夫氏がコナミ在籍時にPlayStation 4向けに手がけた『P.T.』。開発中止となってしまった『Silent Hills』のプレイアブルティザーである。そのゲームプレイ中には、実はプレイヤーの背後に幽霊のリサが常にいたことが明らかになったと先日お伝えした(関連記事)。本作をハックしてその事実を導き出したLance McDonald氏は9月26日、さらなる発見があったとして新たな映像を公開した。

映像にてMcDonald氏はまず、一般的なゲームの仕組みとして、状況に応じてオブジェクトを表示・非表示することで環境の変化を作り出していることを説明している。何もオブジェクトが表示されていなくとも、フラグを立てればそこに現れるようあらかじめ仕込まれているわけだ。

『P.T.』での例で言うと、廊下を曲がった先の小さなホールにリサが現れるが、照明が消えると共に彼女も消える。しかし、データ上はリサは常にその場所にいるはず。そこでMcDonald氏は、このリサが常に表示されるようフラグを立てるパッチを当てることで、彼女に接近することに成功している。実際のゲームプレイ中には、このように彼女のディテールをまじまじと観察することはできないだろう。

次は本作のオープニングのカットシーン。横たわるプレイヤーの目の前の扉がわずかに開き、その隙間から向こうの暗がりに誰かがいるようにも見えるが、はっきりは分からない。そして、主人公は一旦視線を外して立ち上がり扉の方へ行くが、もう何もいない。McDonald氏は、何者かが扉の向こうにいた最初の状態のまま扉の向こうに行けるようパッチを当て、扉を開けた。すると、やはりと言うべきかリサがそこにいた。壁にだらりともたれかかるようにして、彼女はループする廊下へとプレイヤーを誘っていたのだ。

これらは、通常のゲームプレイ中に見ることができるオブジェクト(リサ)を強制的に表示させ続けるというものである。しかしMcDonald氏は、プレイ中には見ることのないオブジェクト、つまり少なくともプレイヤーの視界の中でフラグが立つことのない存在も発見した。それがある場所はバスルームのバスタブだ。通常プレイヤーが目にするのは、水が半分くらいまで溜まっていたり、空になっていたりという様子であるが、McDonald氏によると、もうひとつ別の状態のバスタブがメモリには読み込まれているという。

例のごとく、McDonald氏は通常は見られないそのバスタブの状態を強制的に表示。すると、水が上まで溜まっていることに加え、リサと思しき首のない遺体が浸かっている。本作をプレイする中では、バスルームにて女性が殺害されたと想像できる場面に遭遇する。これは、その状況を表しているのだろうか。ただ、実際のゲームプレイにて見ることができない理由については不明だ。何らかの理由でボツになったのかもしれないし、あるいは未だ発見されていないフラグが本作の中には存在するのかもしれない。McDonald氏は、また何か発見したら公開するだろうとしている。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る