海戦バトルロイヤル『Maelstrom』Steamにて基本プレイ無料化。海の怪物や巨大渦巻きに注意しながら最後の一隻を目指す

Gunpowder Gamesは9月19日、Steamで配信されている海戦バトルロイヤルゲーム『Maelstrom』を基本プレイ無料化した。同作は、リヴァイアサンといった海の怪物が存在するファンタジー世界にて船舶を操作し、海戦を繰り広げるオンライン対戦ゲーム。オーク、ドワーフ、人間といった複数の種族から選び、お宝を収集しつつも敵船や怪物と戦う、激しいPvPvEに挑む。

敵船を沈めて自らの船を強化するのか、戦闘を避けて航海するのか。プレイヤーの自由ではあるが、マッチが進行するにつれて海の怪物たちは攻撃的になり、安全に航海できるエリアが絞られていく。怪物だけでなく、マップ上の巨大な渦に巻き込まれないよう注意しながら、もしくは相手を渦に押しやりながら、最後の一隻になるまで戦うのだ。展開が早めの海戦となっており、砲撃を軸とした戦闘ではエイムや弾道予測、素早い回避移動などが重要となってくる。また敵船への突撃や、鉤で敵船を捉えての船上戦など、戦術的な立ち回りも必要とされる。

*2018年4月に公開されたトレイラー

本作は2018年4月にSteamでの早期アクセス販売を開始。通常価格2050円で販売されていたが、2018年5月以降は同時接続プレイヤー数の平均が50人を下回り、長らくマッチングが困難な状態が続いていた。基本プレイ無料化の効果によりプレイヤー増が期待できるため、気になる方は今のうちに遊んでみよう。

ゲームプレイに関わるコンテンツは全て無料となっており、現金により強力な船を購入するといったPay-to-Winにはしないとのこと。有償ゲーム内通貨のGunpowderは、バトルパス、コスメティクスアイテム、経験値ブーストアイテムなどを購入するために使用する。最近ではバトルロイヤルゲームにおける採用例も増えつつあるバトルパス制度。本作ではゲームをプレイすることでコスメティクスアイテムやGunpowder、無償ゲーム内通貨のGoldなどをアンロックできる。今後の追加コンテンツは、こうしたバトルパスや、シーズンごとのイベントおよびアップデートを通じて配信するとのことだ。

なお基本プレイ無料化する前に本作を購入したプレイヤーは、ゲームにログインすることで複数の報酬を受け取ることができる。船全種のアンロック、乗組員(ダメージや船舶の加速といった補正効果を与えるユニット)種族ごとに通常3体とレジェンダリー1体、バトルパス、1万Gunpowder、そのほか限定品などが付与される。

また、今後のアップデート計画も公開されている。まずはアンデッド種族の戦隊、デュエルモード、リーダーボード、クラン、シーズンコンテンツ、イベント、挑発機能、声優による音声収録が追加され、その後も新種族や新ゲームモード、マップなどが実装されていく予定だ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog