『ポケモンGO』ミュウツーのレイドアワーが世界規模で延期。開始直前にニュージーランドからトラブル報告

Nianticは『ポケモンGO』において、日本時間9月18日18時より実施が告知されていた「ミュウツー」のレイドアワーについて、世界に延期すると発表した。9月より実施されている伝説レイドアワーでは、ライコウやエンテイ、スイクンにデオキシスといった伝説のポケモンがトラブルなく登場してきたが、大きな注目を集めたミュウツーについては、直前に延期となった。日本向けの告知がされたのは、開始より21分前だった。

本日実施されるレイドアワーは、9月17日より1週間に限り登場しているサイコブレイク持ちのミュウツーと対峙する絶好の機会。サイコブレイクは極めて強力な専用技であることが報告されているほか、緑色の色違いのミュウツーも登場するということで、ミュウツーと戦うために準備していた人も多かっただろう。あまりに期待が高まりすぎたのか、技術的な問題により中止となってしまった。

最初にこのトラブルが報告されたのはニュージーランド。日本時間15時、つまりニュージーランド時間18時にてレイドアワーが実施されていないという報告がRedditを中心に寄せられていた。レイドアワーを待っていたトレイナー達から困惑の声があがる中、開始から1時間が経とうとする現地時間18時54分にNiantic Supportにて問題を調査しているとの声明があがる。その30分後、ニュージーランド(GMT+12)時間のエリアを対象に、レイドアワーを現地時間20時にまで延長すると発表。つまり予定より1時間引き伸ばすと告知したわけだ。

そしてその1時間後である現地時間20時25分に、技術的な不具合により伝説レイドアワーをあえなく後日に延期することが発表された。その7分後に「はっきりさせておくと、伝説レイドアワーは世界的に延期されます」と追記していることから、中の人の動揺っぷりが感じ取れる。その直後に日本語のNiantic Helpアカウントから、伝説レイドアワーの世界的な延期が発表された。なお、ゲーム内でも延期は発表されている。

前述したように、今回のレイドアワーは極めて高い期待が寄せられており、ミュウツーに会うがために準備をしていたという嘆きの声が世界中から寄せられている。ひとつのイベントが延期になるだけで、世界中の現地に赴いたプレイヤーから大規模な不満が漏れてくるというのは、超人気位置情報ゲームゆえという側面もあるだろう。9月に入ってから『ポケモンGO』においては、いくつかレイドバトルまわりの不具合が発生しているだけに、ミュウツーの振り替えと、来週25日登場する伝説ポケモンのレイドアワーについては、信頼回復のために確実な実施が求められそうだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog