姉と弟の逃走劇ADV『A Plague Tale: Innocence』第1章の無料配信が開始。胸が張り裂けるような物語の始まりを体験しよう

パブリッシャーのFocus Home InteractiveならびにデベロッパーのAsobo Studioは9月13日、『A Plague Tale: Innocence』における、ファーストチャプターの無料配信をおこなった。体験版の対応プラットフォームはPC(Steam)および海外PS4/Xbox One。

本作は、疫病に見舞われた中世のフランスを舞台に、15歳の少女Amiciaとその弟Hugo2人の苦難の旅を描くアドベンチャーゲームだ。疫病により壊滅的な被害を受けた村で、姉弟は宗教裁判により追放されてしまう。プレイヤーはAmiciaを操作し、Hugoや幼い子供たちと手を取り合いながら、粗暴な兵士やネズミの大群から逃れることになる。圧倒的に不利な状況の中、果たして彼女たちは生き残ることができるのだろうか。

14世紀の暗黒時代に突入したヨーロッパには、死体の山が積み重なる街や、人骨の散らばる地下道など、凄惨な光景が広がっている。AmiciaとHugoは惨憺たる場所をかいくぐり、兵士やネズミといった魔の手からの逃走を図るのだ。しかし、姉弟は敵兵に対する対抗手段に乏しく、真正面から戦いを挑めばすぐに命を失いかねないだろう。そのため本作では、基本的にステルス行動を用いて物語を進めていくこととなる。敵兵は視界に入ることや音で姉弟を察知する。草むらなど隠れられる場所を発見し、敵の目をかいくぐろう。

一方、ネズミの大群には火や光が有効となる。松明やかがり火などを用いて追い払うことが可能だ。また、時にはネズミを利用する場面も。生き残るにはひらめきも重要となる。そして数は少ないが、攻撃手段も用意されている。マップ内に落ちている石を拾うことで、投げることやスリング弾としての使用が可能。さらにゲームを進めていくと、敵兵を眠らせる睡眠薬や、ネズミの大群を一網打尽にする爆薬など、便利な消費アイテムを作成することもできる。これらのアイテムの素材もステージ内に落ちているため、冒険を有利に進めるためには隈なくマップを探索することが重要となる。

無論、弟Hugoとの協力も大切だ。Hugoは常にAmiciaの手を握り、ともに行動しているが、時には別行動が必要となる。扉を開けてもらったり、物を取ってきてもらったりと、さまざまな場面で姉を助けてくれることだろう。また、物語が進むにつれて旅をする仲間も増えていく。ロックピックや、敵兵のテイクダウンなど、固有の能力を所持する仲間も登場するため、必要な場面で指示を出しうまく役割分担させていくことが求められる。

『A Plague Tale: Innocence』体験版では、全17章用意されているうちの最初の第1章がプレイ可能だ。14世紀ヨーロッパの大自然や建造物を描く美しいグラフィック、そして重厚な物語の一端を味わうことができるだろう。なお、本作はリリース日直前に日本語非対応となって配信された経緯があるが、現在は日本語対応となっている。国内プレイヤーは安心してプレイしてほしい。

ちなみに、本作のパブリッシャーFocus Home Interactiveの作品が現在Steamにてセールがおこなわれている。『A Plague Tale: Innocence』本編は5480円から33%オフの3671円。9月24日にPC向け、12月19日にはPS4向けに発売予定の『The Surge 2』の前作にあたる『The Surge』が3480円から75%オフの870円。eスポーツにも進出している農業シミュレーター『Farming Simulator 19』が3980円から25%オフの2985円。ほかにも、リアル重視のFPS『Insurgency: Sandstorm』や、クトゥルフ神話を題材に据えたアドベンチャーゲーム『Call of Cthulhu』などがセール中だ。期間は9月17日までとなっている。この機会に多種多様な作品群に触れてみてはいかがだろうか。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog