外骨格アクションRPG『The Surge 2(ザ サージ 2)』国内PS4版が12月19日に発売決定。荒廃した大都市にて生き残りをかけて戦う

パブリッシャーのオーイズミ・アミュージオは9月12日、アクションRPG『The Surge 2(ザ サージ 2)』の日本語版を、国内PlayStation 4向けに12月19日に発売すると発表した。価格はパッケージ版が7980円(税抜)、ダウンロード版が7980円(税込)。本作は、2017年に発売された『The Surge(ザ サージ)』の続編だ。

前作では、インプラント技術を扱う大企業CREO社の巨大工場を舞台に、ウォーレンという特定の主人公にてプレイしたが、本作ではキャラクターを自由に作成できる。そしてバトルの舞台は大都市ジェリコシティへと移る。プレイヤーの搭乗していた飛行機がナノマシンの嵐に巻き込まれて不時着。暴走したロボットが徘徊し、軍は極秘ミッションを遂行中のジェリコシティにて目を覚ます。前作にて放たれたミサイルの影響で、この街はナノマシンに汚染され廃墟となっている。

外骨格エクソ・リグを装備し、バトルを通じて強化していくゲームプレイが本シリーズの特徴。敵の特定の部位を狙って攻撃する部位ターゲットシステムも健在だ。任意の部位を切断して倒すと、外骨格のパーツの設計図や武器を獲得し、自らの装備にできる。本作には合わせて9つの武器タイプが存在し、このうち4種類は新規に追加されたものとなる。たとえば、ひとつの近接武器を分割して二刀流にできるもの。また、本シリーズのバトルでは基本的に縦斬り・横斬りを使い分けるが、弱攻撃・強攻撃で扱う槍タイプも追加される。

そのほか、敵の攻撃の方向を見極めてパリイできるシステムや攻撃動作のキャンセル、チャージアタックの追加、コンバットドローンのアップグレードなどもおこなわれている。ステージもより広大になり、開発元Deck13 Interactiveの内製ゲームエンジンも改良されているとのことで、前作からさらにパワーアップしたゲームプレイを楽しめそうだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog