高難度アクション『Celeste』に「チャプター9:別れ」を追加し、新たな日本語テキストに差し替える無料アプデ配信。PS4版も国内発売

インディースタジオのMatt Makes Gamesは9月10日、2Dアクションゲーム『Celeste』に「チャプター9:別れ」を追加する無料アップデートを配信した。本作はPC/Nintendo Switch/Xbox One版が販売されており、本日からはPlayStation 4版も国内発売された。またこれに合わせて、全プラットフォームにおいて、本作の日本語テキストが新たに翻訳し直したものに差し替えられている。

スポンサーリンク

*無料の追加チャプターだが、もしお金を払いたいというプレイヤーがいるなら、アマゾンの熱帯雨林や先住民文化の保護活動をする非営利団体に、5ドル以上を寄付してほしいと開発元は呼びかけている。

『Celeste』は、山登りをテーマにした2Dアクションゲームだ。主人公のマデレンは自分の中の悪魔と戦いながら、また魅力的なキャラクターたちと出会いながら、セレステ・マウンテンの頂上を目指す。ステージには、触れるとミスになるトラップやさまざまなギミックが配置されており、壁にしがみついたり空中ダッシュを駆使したりしながら難所を突破していくのだ。

本作は非常に難易度の高い作品だが、無敵にしたり空中ダッシュを連続して使用できるようにするなど、ゲームの難易度を下げるアシストモードが用意されている。本作はナラティブ面も高く評価されたため、アクションゲームが苦手なプレイヤーでも、物語を最後まで追うことができる配慮だと言える。

今回追加された「チャプター9:別れ」は、これまでの最終チャプターの次に追加される。とある人物の葬式にどうしても出られなかったというマデレンは、墓参りをしにふたたびセレステ・マウンテンを訪れた。するとそこに、前回の旅にて自分を見守ってくれた鳥が現れ、亡くなった人物の存在と重なって感じたマデレンは、その鳥を追ってはるか上空へと進んでいく。

このチャプターには100以上のステージが収録されており、その中では新たなゲームメカニクスやアイテムも用意されている。たとえば、大きなクラゲのようなものに掴まれば、ふわふわと滑空することが可能。また、上から踏むと下に移動するが、横や下から接触すると爆発するフグのようなオブジェクトもあり、その爆風を特定の場所で利用するために踏んで移動させるといったゲームプレイが求められる。触れるとミスになるエリアの隙間を縫うように進む場面も多く、難易度の高さは相変わらずである。

なお、本作のサウンドトラックを手がけたLena Raine氏が、「チャプター9:別れ」のために新たな楽曲を制作・提供している。合わせて約40分になる新サウンドトラックは各種ストアにて販売中である。

画像左が以前のバージョン、画像右が今回差し替えられた新たな日本語テキスト

冒頭で述べたとおり、今回の無料アップデートでは日本語テキストが新たに翻訳し直したものに差し替えられている。本作はもともと日本語に対応していたものの、やや不自然な翻訳が散見された。今回ローカライズを担当したのは有限会社ハチノヨン。『UNDERTALE』や『ショベルナイト』などのローカライズを手がけたことでも知られ、実績がある。

上に掲載したスクリーンショットで見られるように自然な翻訳に修正され、もちろん誤字・脱字も修正されている。これらの場面だけでなく、全編にわたって翻訳し直されており、各キャラクターの感情を読み取ったり、物語をより深く理解することができるクオリティの高い翻訳になっていると言える。すでに本作をひととおりプレイした方も、もう一度最初からプレイしてみてはいかがだろうか。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog