傑作『ゼノブレイド』がNintendo Switchに“生まれ変わり”発売。新たなグラフィックで壮大な冒険へ

任天堂は9月5日、「Nintendo Direct 2019.9.5」にて『ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション』を発表した。対応プラットフォームはNintendo Switchで、2020年に発売されるという。

『ゼノブレイド』は2010年にWii向けに発売された作品。『ゼノサーガ』シリーズを手がけたモノリスソフトによるオープンワールドRPGだ。プレイヤーは謎の剣モナドと関わり深い青年シュルクとして、機械兵との戦いをまじえながら人類の存亡をかけた宿命に巻き込まれていく。物語はもちろんのこと、作り込まれた広大なフィールドを探索する大型RPGとして、圧倒的な高評価を獲得。本作の成功により続編である『ゼノブレイドクロス』や『ゼノブレイド2』といった新作が発売されている。

『ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション』は、リメイクなのかリマスターなのか、そうした位置づけが明かされていないが、任天堂は同作を「生まれ変わる」と表現している。公開された映像では、『ゼノブレイド2』にゲスト出演した時に近い美麗なモデルのシュルクらが確認できる。オリジナルと比べると、大きく印象が変わるだろう。一方フィールドのビジュアルはひと目見たところでは、大きくは変化していながら向上している。シュルクがメリアとふたりで佇む姿が映し出されている場面も、なかなかに意味深だ。

オリジナル版のスクリーンショット

『ゼノブレイド』は2015年にはNewニンテンドー3DS(2DS)向けに移植されており、2016年にはWii U向けにダウンロード発売されている。生まれ変わるというだけあって、既存の要素がオーバーホールされているかもしれない。オリジナル作品は素晴らしい作品であったが、ビジュアルが向上すればまた新たな魅力が生まれるだろう。今後の続報に期待しておこう。

【UPDATE 2019/9/5 12:15】
任天堂は『ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション』について「グラフィックがHD解像度で描きなおされているのに加え、主要キャラクターは新たなモデリングで登場します。」と説明。また『ゼノブレイド』シリーズ公式Twitterアカウント広報のモノポンは、「こういうの、”リマスター版”って言うらしいも」と表現している。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog