『モンスターハンターワールド:アイスボーン』第1弾タイトルアップデートでは「金獅子ラージャン」が追加、「ジンオウガ」の実機プレイも公開

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

カプコンは公式YouTubeチャンネルにて『モンスターハンターワールド:アイスボーン』のプレミアム生放送を公開した。この放送では『モンスターハンターワールド:アイスボーン』プロデューサーの辻本氏、ディレクターの藤岡氏、市原氏が登壇し新モンスター「ラージャン」などの最新情報を発表した。また俳優の間宮祥太郎氏もスペシャルゲストとして登壇し、「ジンオウガ」と戦う実機プレイを披露した。

『モンスターハンターワールド:アイスボーン』は発売後も無料のタイトルアップデートを予定している。第1回のタイトルアップデートは2019年10月を予定しており、目玉となるコンテンツとして「金獅子 ラージャン」が追加される。さらにタイトルアップデートでは、他のプレイヤーをマイルームに招き入れることができるなど、ソーシャルな機能も追加されていくようだ。

公式サイトによるとラージャンは、「超攻撃的生物。姿を見て生き延びた者は希だが数少ない目撃例によると、発達した前脚を使った攻撃が凄絶。怒ると金色に輝くという。」とのこと。『モンスターハンター2』から登場したサルのようなモンスターで、過去作と同様に非常に難易度が高いモンスターになるようだ。過去作に比べて表情の変化が作り込まれており、指や肌の質感といったディテールなどがパワーアップし、生き物としての表現にも力が入っている。

 

東京ゲームショウ2019の試遊では「ラージャン」と闘技場で戦える。超上級者向けのクエストとして用意されており、時間内にモンスターを倒すか、またはプレイヤーが倒されるかという、非常にシビアな調整になっているようだ。またハジケクルミがキーアイテムになるそうで、このアイテムを利用した立ち回りが重要になるという。

生放送には人気俳優の間宮祥太郎氏がゲストとして登壇し、『モンスターハンター』シリーズへの思い入れを語った。『モンスターハンターポータブル 2nd G』からのファンであるという間宮氏は、『アイスボーン』のCM「間宮、熱唱篇」に出演している。今回の発売直前生放送では開発陣の面々と一緒に、ジンオウガの討伐クエストの実機プレイも披露してくれた。

「ジンオウガ」は過去作にも登場した人気モンスターで、電気を帯びた「超帯電状態」時は、非常に危険な攻撃を繰り出す。実機プレイでは時間の都合で討伐までは披露されなかったが、PS4で描画される毛並みやアニメーションなど生まれ変わったモンスターに注目していただきたい。

『モンスターハンターワールド:アイスボーン』は9月6日からPlayStation 4向けに発売される。すでに本編を持っている方はダウンロード版が4,444円(税抜)で予約可能だ。これから始める方にはマスターエディションが用意されており、こちらはパッケージ版が6,990円(税抜)で発売予定となっている。また『モンスターハンターワールド:アイスボーン』のダウンロードカードが、コンビニエンスストアや家電量販店で4,800円(税抜)で発売中だ。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る