オープンワールドARPG『キャットクエスト2』Steam版が9月24日に発売決定。今度はネコとイヌの協力プレイで2つの大陸を冒険

シンガポールに拠点を置くインディースタジオThe Gentlebrosは8月19日、『Cat Quest II(キャットクエスト2)』のPC版を、Steamにて9月24日に発売すると発表した。また、Nintendo Switch/PlayStation 4/Xbox One版については、今年秋にリリースするとのこと。本作は、2017年に発売され高い評価を獲得した、ネコの世界を舞台とするオープンワールド・アクションRPG『キャットクエスト』の続編だ。

スポンサーリンク

前作『キャットクエスト』はフェリンガルドと呼ばれる大陸を舞台に、主人公の冒険ネコがさらわれた妹の救出に向かい、その中でこの大陸に出現し住民ネコたちを脅かすドラゴンを倒すことができる、ドラゴンブラッドと呼ばれる伝説の竜騎士にまつわる物語が描かれた。俯瞰視点の広大なオープンワールドを採用し、メインクエストに加え豊富なサイドクエストを用意。地上やダンジョンにはさまざまなモンスターがおり、剣と魔法を駆使してバトルし、経験値を貯めてレベルアップしたり、新たな装備を入手して冒険ネコを強化していく作品だった。

『キャットクエスト2』ではフェリンガルドに加えて、また新たな大陸が登場。そこにはイヌたちが暮らすラプス帝国がある。前作の中でも、ネコとイヌは深い対立関係にあることと共にその存在について語られていた。本作の主人公は、ネコの王様とイヌの王様。両国の間では長い戦争状態が続いており、ラプス帝国の進軍がおこなわれるなか、ふたりは意思に反して行動を共にすることになる。両者は失脚した状態にあるのか、それぞれの王座を取り戻すという共通の目的があるという。そしてネコとイヌの王様は協力し、ふたつの大陸での冒険をおこなう。

基本的なゲームプレイは前作と大きく変わらないようだが、本作ではふたりの主人公が共に行動するため、ソロプレイの場合は任意に交代でき、新たにローカル2人協力プレイにも対応する。キャラクターの能力は装備による部分が大きいと思われるものの、両者に何か個性の違いがあるのかどうか気になるところ。今回公開されたトレイラーでは新たな武器や魔法、敵キャラクターが確認できる。武器には射程の長いものや両手持ちのものも用意され、魔法も前作以上の種類が登場するという。また、パッシブスキルにも新たなものがあるとのこと。

本作でも豊富なサイドクエストが用意され、鍛冶屋のキットキャットもふたたび登場するようだ。ダンジョンでは、前作にはなかったトラップや障害物が行く手を阻む。また、特にマップのビジュアルが前作よりもリッチに描かれており、そうした点からもアップグレードを実感できる。Steam版は日本語表示に対応。コンソール版については、前作の国内発売を担当したフライハイワークスからすでに発表されているため、日本でも発売されるだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog