『Ori and the Blind Forest: Definitive Edition』Nintendo Switch版発表、9月28日に国内発売へ。MS販売のSwitch作品第四弾

任天堂は8月19日、Nintendo Switch向けインディーゲームを紹介する「Indie World Showcase 8.19.2019」を放送。この中で、『Ori and the Blind Forest: Definitive Edition』のNintendo Switch版を発表した。9月28日に国内発売する。

本作は、Moon Studiosが手がけマイクロソフトが販売する、メトロイドヴァニアスタイルの2Dアクションゲームだ。PC/Xbox One向けに2015年に発売。非常に歯ごたえある難易度であると同時に、美しいビジュアルや音楽、物語が印象的な作品で、当時のThe Game Awardsなどで受賞するなど非常に高い評価を受けた。日本でも『オリとくらやみの森』という邦題で販売されている。

本作の主人公は小さな精霊のオリ。強烈な嵐が吹き荒れ、彼が暮らすニブルの森が滅びようとしており、オリは故郷を救うため闇の根源を目指して旅をおこなう。自然あふれるステージでは、敵が襲ってくるうえ、多くのトラップもある。オリは、共に行動する精霊セインが放つ炎によって攻撃でき、またゲームを進める中では二段ジャンプや壁面ジャンプなど新たなアクションを習得。スキルツリーにて能力の強化も可能だ。新たな能力を得ることで、広大な森での行動範囲が広がっていく。

「Definitive Edition」とはいわゆる完全版のこと。新たなエリアやオリの能力、複数の難易度などの追加要素が最初から収録されている。マイクロソフトがNintendo Switch向けに発売するタイトルとしては、本作は『マインクラフト』『Cuphead』『Super Lucky’s Tale』に続く4作品目となり、今回の発表は、任天堂とマイクロソフトの良好な関係が続いていることがうかがえるニュースでもある。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog