ついに発売開始された『METAL WOLF CHAOS XD』、近日中にパッチ配信予定。音量バランスなどを修正へ

フロム・ソフトウェアは8月6日、『METAL WOLF CHAOS XD』をPC(Steam)/PlayStation 4/Xbox One向けに発売した。本作は、2004年に初代Xbox向けに発売されたメカアクションゲーム『METAL WOLF CHAOS(メタルウルフカオス)』のリマスター版。ワイドスクリーン化して1080p解像度に対応したほか(PC版はネイティブ4K対応)、一部のテクスチャやビジュアルエフェクトをアップグレードさせ、新たにオートセーブも実装された。

本作の移植・開発を担当したのは、これまで数々の移植を手がけてきたGeneral Arcadeだ。今回のリリース後には、プレイヤーからさまざまな問題が報告されており、同スタジオは近くパッチを配信する計画だという。

*フロム・ソフトウェアのサウンドチームFreQuencyが手がけたPVテーマソング「Fallout」のJOYSOUNDうたスキ ミュージックポストでのカラオケ配信も開始された。

General Arcadeに寄せられた報告としては、ボイスや効果音の音量バランスがおかしく、本作の最大の魅力の言っても過言でない大統領らのセリフが聞き取りにくいことや、そうしたサウンドが抜け落ちていたりラグがあること。また、オリジナルの初代Xbox版と同じシーンを比較した場合、ライティングが抑えられ寂しい印象になっていることや、英語テキストの誤植、スタッタリングの多発などがある。

特に音量バランスについての報告が多く、同スタジオはこれらの多くの問題について今回のパッチにて対応するとしている。ライティングについては、次回以降のパッチでそのシステムを向上させ、オリジナル版に近づけるとのこと。また、サンフランシスコステージでクラッシュが多発するという報告もあり、こちらについては今後調査をおこなうという。

コンソール版向けのパッチは、本日中にも各プラットフォームホルダーの認証プロセスに提出され、2〜5日後には配信されるだろうとのこと。PC版については、準備ができ次第すぐに配信されるものと思われる。本作のプレイヤーの方は、ほかに何か問題を発見した場合、同スタジオの公式Twitterアカウント宛にに(英語で)報告すると良いだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog