『Hotline Miami』新展開を匂わせるクールなティザー映像公開。しかし開発元は“新作開発ごと”否定

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

今月8月4日より、Twitterにて“𝙅 𝘼 𝘾 𝙆 𝙀 𝙏”を名乗るユーザーが謎の映像を投稿し話題を呼んでいる。動画で映し出されているのは、血に濡れたギャングたち。刀で刺されていたり、銃で撃たれていたり、あるいはバットで殴られていたり。シンセサイザをかき鳴らした涼し気な音楽とともに、バイオレンスな演出が画面を覆い尽くす。フルトレイラーは近日に公開するという告知文が表示され、映像は終わる。添えられたハッシュタグは#jacketisnotdead。Jacketとは、『Hotline Miami』における主人公である。

この映像を見たファンならば、『Hotline Miami』新作のティザーであると解釈することができるだろう。暴力とエモーショナルを示唆するハイクオリティな映像は、多くのユーザーの期待を掻き立てた。開発元であるDennaton Gamesは2015年に『Hotline Miami 2: Wrong Number』をリリースして以来、新作を発表していない。ついに最新作が告知されるのではないかという望みが湧き上がったわけだ。

しかしながら、Dennaton Gamesはこの映像に反応。「とてもクールなファン映像(もしくはそのためのティザーか)ですが、『Hotline Miami』の新作は開発していませんよ。」と映像の関与だけでなく、新作開発ごと否定している。あまりに出来の良い映像であったこと、そして新作が望まれている背景もあり、開発元には何の罪もないものの、リプレイ欄は悲しみの声であふれている。

ちなみにこの“非公式宣言”後も当該Twitterアカウントは、ASCIIコードのメッセージを投稿したり、謎めいた画像を公開したり、楽しげに活動を続けている。確かに同アカウント自身は公式とも新作のティザーとも言っていない。純粋に、自身の作った映像を見せるための活動なのかもしれない。新作が出ないシリーズのティザー映像といえば『Left 4 Dead』でも先日完成度の高いファンメイド映像が作られ話題を呼んでいた(関連記事)。ファンとしては振り回される形ではあるが、新作を望む声が強いからこそ、こうした高品質なティザー映像が制作されるのかもしれない。

ともあれ、「2」をリリースして以来、長らく沈黙を続けているDennaton Gamesの活動の続報に期待したいところだ。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog