『妖怪ウォッチ1 for Nintendo Switch』10月10日発売へ。初代「妖怪ウォッチ」を鮮やかにリマスター

レベルファイブは7月29日、『妖怪ウォッチ1 for Nintendo Switch』を2019年10月10日に発売すると発表した。先日レベルファイブの公式VTuber「電脳寺レト」が、同作の存在を示唆し話題を呼んでいたが、正式な発表に至っている。価格はパッケージ/ダウンロード版ともに税別4980円。

スポンサーリンク

『妖怪ウォッチ1 for Nintendo Switch』は、2013年にニンテンドー3DS向けに発売された初代『妖怪ウォッチ』をリマスターする作品だ。ようかいが出現する不思議な世界を舞台に、日常を破壊しようとする悪に立ち向かう。さくらニュータンを筆頭とした、現代的な街を舞台に主人公ケイタたちが冒険し、ようかい達と出会っていく。

Nintendo Switchでのリリースにおいては、まずグラフィックをHD向けにリマスター。もともとビジュアルは鮮やかでフィールドの作り込みが光っていたが、HD化されることで2019年の作品としても遜色のない絵作りとなっている。そのほか、2画面を使った戦闘は1画面に収められているが、タッチ操作などは健在のようだ。

連動要素もいくつか用意されており、たとえば購入特典としては先日発売された最新作『妖怪ウォッチ4』で使用可能なイカカモネ議長のダウンロードコードを封入。また「妖怪アーク・DX妖霊剣」とNFC連動に対応。ただし妖怪メダルとは連動しないので注意。

『妖怪ウォッチ』はクロスメディアプロジェクトとして存在感を放ったが、ゲームのクオリティも高い。全体的なテンポはややスローであるが、モンスター育成RPGとしては大人でも十分に楽しめる。これを機に初代を遊んでみるのもよさそうだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog