Razerのゲーミングマウス「DeathAdder Essential」国内発売決定。バックパックやコンソール向けゲーミングヘッドセットの新製品も

Razerは7月18日、ゲーミングマウス「DeathAdder Essential」、新アクセサリー「Utility Bag」「Rogue Backpack V2 15.6″」「Keyboard Bag V2」、そしてゲーミングヘッドセット「Kraken X For Console」を国内発売すると発表した。いずれも国内正規流通代理店であるMSY株式会社を通じて、7月26日に発売する。

DeathAdder Essential」は、Razerのベストセラーゲーミングマウス「DeathAdder Elite」のエルゴノミックな形状をそのまま継承したモデルで、ゲーミンググレードの6400DPIオプティカルセンサーを採用。5つのプログラマブルボタンとスクロールホイールを搭載しており、ロゴおよびスクロールホイールには、 単色グリーンのバックライトが仕込まれている。サイズは、127 x 73 x 43mmで、重量96g。また、統合設定ソフトウェアRazer Synapse 3に対応する。コストパフォーマンスに優れたモデルで、希望小売価格は5980円(税抜)となっている。

「Utility Bag」は、耐久性の高い1680Dバリスティックナイロンを素材に採用したバックパック(リュック)で、希望小売価格7980円(税抜)。外側には亀裂防止と防水加工が、内部には引っかき防止が施されており、また整理しやすいセパレーターも内部に用意されている。サイズは320 x 70 x 520mmで、15インチまでのノートパソコンを入れるのにちょうど良い大きさ。手の届きやすい場所に小型のサイドポケットもふたつ備えている。

「Rogue Backpack V2 15.6″」も、亀裂防止と防水加工が施されたバックパックで、サイズは320 x 170 x 459.7mm。15.6インチまでのノートパソコンを持ち運ぶのに適している。内部には亀裂の入りにくいTPU素材を採用。外装に大きく、しかしブラック・オン・ブラックにて控えめに施されたRazerロゴが特徴的だ。希望小売価格は1万2800円(税抜)となっている。

「Keyboard Bag V2」は、ゲーミングキーボードにダメージを与えないよう持ち運ぶためのキーボード専用ソフトバッグだ。希望小売価格は4980円(税抜)。耐久性の高い外装素材を利用しており、内部には緩衝材が入っている。グルっと周囲のジッパーを開くスタイルで、内部にてケーブルをまとめておける。サイズは505 x 225 x 60mmで、パッド入りのショルダーベルトがついているため快適に持ち運べる。

Kraken X For Console」は、家庭用ゲーム機ユーザー向けに開発された、シンプルなアナログ接続を採用するゲーミングヘッドセットだ。PS4/Nintendo Switch/Xbox Oneのほか、PC/Mac、モバイルデバイスにも対応する。オーバーヘッド型の密閉式ヘッドセットでありながら250gと極めて軽量で、メガネフレーム対応のソフトなメモリーフォームクッションを採用するイヤーパッドや、ソフトな素材のヘッドバンドパッドなど、使用時の快適性をもっとも大きな特徴としている。

また、カスタムチューニングされた40mmドライバーや、柔軟に曲げられる単一指向性のマイクを搭載。左側のイヤーカップの下には、マイクのミュートボタンと音量スライダーが配置されている。こちらの希望小売価格は6480円(税抜)。全国の家電量販店やゲームショップ、オンラインショップなどで販売される。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog