任天堂、新型となるNintendo Switch Liteを発表。携帯モードに特化し、定価2万切り

任天堂は本日7月10日、Nintendo Switch Liteを発表した。長きに渡り噂されていたNintendo Switchの新型だ。2019年9月20日より発売されるという。価格は税別1万9980円。本体カラーはイエロー、グレー、ターコイズの3色が用意される。8月30日から予約の受付開始。11月1日には、『ポケットモンスター ソード・シールド』デザインの「Nintendo Switch Lite ザシアン・ザマゼンタ」が発売されるようだ。

Nintendo Switch Liteは、携帯モードに特化したハードになるという。コントローラーを本体と一体化させることで軽量化がはかられているわけだ。携帯専用なのでテレビに画面を出力して遊ぶことはできないものの、基本的には携帯モードでプレイできるすべてのNintendo Switchソフトが楽しめるという。Joy-Conは付属しておらず、モーションIRカメラやHD振動は非搭載。ドックにも接続できない。『1-2 Switch』などギミックを使ってプレイするゲームを遊ぶ際には別途Joy-Conがいるという。『Nintendo Labo VR Kit』はJoy-Conがあっても遊ぶことができないそうだ。

画面は通常のNintendo Switchの6.2から5.5インチとなるが、解像度は1280×720ピクセルのまま。本体重量も約398gから約275gへと約120g軽量化。バッテリー持続時間は約2.5~6.5時間から約3.0~7.0時間へと若干伸びている。一体型コントローラーは、方向ボタンが十字ボタンになるなど若干の変更あり。使用感を試してみれば、細かい変更点などが見つかるかもしれない。

携帯モードに特化することで軽量化し、さらに若干のブラッシュアップがはかられた。そして、通常版からの定価の一万円引き。それが新型となるNintendo Switch Liteだといえそうだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog