PS4『シェンムーIII – リテールDay1エディション』11月19日に発売決定。DLC2種を同梱するパッケージ版

パブリッシャーのDeep Silverは7月4日、『シェンムーIII – リテールDay1エディション』を、PlayStation 4向けパッケージ版として国内発売すると発表した。ダウンロード版と同じく発売日は11月19日で、価格は6980円(税別)。ゲーム本編のほかに、DLCの「上級技書 烈火脚」と「スネークスピリット スターターパック」が同梱される。

シェンムーIII』は、ドリームキャスト向けに発売されオープンワールド3Dゲームの先駆けとなった『シェンムー 一章 横須賀』『シェンムーII』に続く、18年ぶりのシリーズ新作だ。2015年に実施したクラウドファンディングにて、およそ8万人から700万ドルを超える出資を集め、シリーズの生みの親であるクリエイターの鈴木裕氏率いるYs Netが手がける。

主人公は、若き武術家である芭月涼。物語は『シェンムーII』の翌日から始まり、涼は父を殺した男の跡を追い中国に向かう。本作では新たな格闘メカニクスを導入しており、技を習得し、涼は自身を鍛えながら強敵に立ち向かっていく。また、「技書システム」や「道場システム」により、試合や鍛錬がいつでも可能。初心者から上級者まで楽しめる、やり込み度の高いゲームプレイを実現しているとのこと。

本作のオープンワールド世界は『シェンムーII』以上のスケールで表現される。プレイヤーはその中で、豊かな自然と生活感あふれる街並みを歩いたり、個性的なキャラクターたちと会話したり、あるいはアルバイトなどさまざまなアクティビティを楽しむことができる。こうした要素は、ストーリーの進行と共にゲームサイクルの一部として楽しめる。また、本作には決められた攻略法は存在せず、プレイヤーは自ら旅の道筋を決めていくことになるという。

今回の発表に際して、本作のディレクターを務める鈴木裕氏からメッセージが寄せられているため以下に掲載する。

『シェンムー』の最新作を日本の皆さんにお届けできることを、大変嬉しく思っています。前作からのファンの皆さまには、戻ってきた『シェンムー』の世界を懐かしく感じていただけると思います。物語は前作からの続きになりますが、今作ではじめてシェンムーを遊んでいただくお客さまにもお楽しみいただける工夫を随所にしていますので、ぜひ手に取ってシェンムー世界の日常を感じてください。

本作の販売を担当するDeep Silverは、欧米を中心に展開する大手パブリッシャーで、『セインツロウ』シリーズや『メトロ』シリーズなどで知られている。これまで日本では、パートナー会社を通じてゲームをローカライズ・販売してきたが、『シェンムーIII – リテールDay1エディション』では、初めて同社が直接国内販売することとなった。

なお、『シェンムーIII』のPS4版はPlayStation Storeにてダウンロード版も予約受付中。そしてPC版は、Epic Gamesストアにて1年間の時限独占で販売される。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog