『Slay the Spire』の「4人目のクラスキャラ」が開発中。無料アップデートで追加へ

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

インディースタジオMega Crit GamesはPC版『Slay the Spire』のアップデート1.1を実施。アップデートの報告の中で、同スタジオが現在無料のDLCを開発しており、そこに「4人目のクラスキャラクター」が含まれることを明らかにした。

確認できるのは、報告の「今取り組んでいること(What’s in the Works?)」の項目。同スタジオはモバイルを含めたすべての移植とさらなる他言語への翻訳に取り組んでいると報告。同時に、4人目のキャラと追加コンテンツを含んだ無料DLCを開発していることを明かした。新クラスの開発はこれまでにも示唆されていたが、こうして言及し始めたことを考えると、正式に公表される日は近そうだ。なお、報告ページの最下部には「紫のシンボル」が記されている。アイアンクラッドは赤、サイレントは緑といった次第にそれぞれのシンボルが異なるが、4人目のクラスは紫色になるようだ。

『Slay the Spire』は、Steam向けにリリースされ、最近ではPS4/Nintendo Switch版も国内発売されたデッキ構築型ダンジョンゲーム。固定デッキにてダンジョン攻略を始める。ダンジョンに進みカードを手に入れながら、自分だけのデッキを築き上げながら最深部を目指していく。パーマデスが採用され、マップの自動生成やカード入手においてランダム性が強いことから、ローグライクカードゲームとも呼ばれることもある。

本作にはアイアンクラッドとサイレント、そしてディフェクトという3体のクラスが用意されている。それぞれの初期デッキや入手カードは大きく異なっている。このクラス別のカードの違いのおかげで、同じシステムながら異なる戦闘やデッキ組みが楽しめる。たとえばアイアンクラッドならば筋力を上げたり廃棄を取り入れたデッキを作りやすく、サイレントなら毒や手数の多さを利用したデッキ、ディフェクトなら「オーブ」を用いた層の厚い攻撃/防御デッキや、パワーを用いたデッキを作りやすい。3種類それぞれのプレイ体験が異なることから、ディフェクトに飽きればサイレントを選ぶといった多彩な遊びを楽しむことができるわけだ。

PC版においては、Steamワークショップなどを介してModを利用可能。ユーザーお手製のクラスやレリック、そして敵などで新鮮な『Slay the Spire』を楽しめる。ただし、本作の魅力はMega Crit Gamesが、ファンのフィードバックを受けながら構築した巧みなバランスにある。公式による4体目の実装は、クラスの新規追加というだけでなく、専用の新規カードが大量に追加される点でも大きなボリュームアップとなる。PS4/Nintendo Switchにて同作を楽しみ始めたプレイヤーにとっても、嬉しい報せになりそうだ。

Mod : Astrologerより

なおアップデート1.1では、多岐にわたるバグのほか、バランス調整にも手が入れられている。ターン開始時にエナジーを得られるようになるかわり、弱体化を付与するアイアンクラッドの「狂戦士」の弱体化は3から2に。白色のブラッドポーションの回復量は10%から25%に。脱力状態の相手に攻撃すればエナジーを得てカードを1枚引ける、サイレントの「ヒールフック」のダメージは5から7に。ディフェクトの「ブルズアイ」のロックオン付与は1ではなく2に。また同カードのアップグレード後のダメージは10から11に変更された。そのほか、お金が要求されるイベントのいくつかは、十分なお金をもってなければ出現しないようになっている。

『Slay the Spire』はSteamサマーセールの値引き対象となっており、半額の1285円で購入可能だ。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog