ガンジョンこと『Enter the Gungeon』PC版が期間限定無料配布中。200種類以上の銃で過去抹殺目指す人気高難易度アクション

Epic GamesストアにてPC版『Enter the Gungeon』が無料配布中だ。配布期間は6月21日までを予定。Epic Gamesストアの該当ゲームページに行き、ページ上部の「無料」をクリック。期間内に注文を完了させておくと、配布期間終了後もゲームをプレイできる。なお本作は日本語に対応している。

スポンサーリンク

『Enter the Gungeon』は、インディースタジオDodge Roll Gamesが開発したローグライトな探索型ガンアクションゲーム。2016年4月にPC/PS4版が発売され、そのちょうど1年後にXbox One/Windows 10版が、そして2017年12月にNintendo Switch版がリリースされた。プレイヤーはそれぞれアビリティや所持銃の異なるガンジョニアを選び、謎の迷宮“ガンジョン”へと潜る。ガンジョニアらはちょっとしたワケアリな過去を持っており、ガンジョンに眠る究極の秘宝「過去を始末する銃」が、ノドから手が出るほどほしいのだ。ただしガンジョン内は潜るたびに構造が変わるほか、危険な罠が存在する。さらには、ガンデッド教団と呼ばれるカルト集団が行く手を阻む。教団の手下を始末しボスを倒しつつ、最深部を目指すのだ。

本作は、シューティング型の探索アクションゲームとなっており、ドッジロールや画面内の敵弾を一気に消し去るブランクを駆使し、弾幕から逃れマウスや右スティックで照準を決めながら、敵に弾を打ち込む。部屋に入り敵を全滅させ、また次の部屋に移るというサイクル。道中にはアイテム屋などがあり、敵を倒して手に入れた硬貨代わりの銃弾でアイテムの売買も。ボス部屋にたどり着き、手強いボスを屍としたのち、次の階層に進んでいく。体力がなくなるとはじめからやり直しのパーマデスシステムを採用。自動生成とあわさり、遊ぶたびに異なる探索が楽しめる。

 

『Enter the Gungeon』の特徴は、銃のバリエーションの多彩さ。おふざけムードが強いゲームであり、銃についてはギャグ枠も多い。シンプルなピストルからクロスボウ、ラッパ銃やレーザーガン、大砲にまほうのランプまで。200種類以上の銃が用意されており、威力やエフェクト、使いみちがまったく異なる。同じ種類の武器ばかり出る、ということもそうそうなく、ダンジョンに潜るたびに新たな銃との出会いがプレイヤーを待っている。

弾幕を避けるスキルと銃を的確に当てるスキル。さらには銃に対する理解。最深部にたどり着くために求められる能力も多く、難易度が高くやりごたえあり。幾度も大型アップデートが実施されており、アンロック要素を含めたコンテンツ量はかなり多い。リプレイ性も高いため、発売されて3年が経つが未だに根強く遊ばれる、全プラットフォーム合計で売上200万以上を誇るヒットタイトルである。

『Enter the Gungeon』はセールされること自体は多いが、半額以下になることはあまりなく、無料で手に入るというのは相当オトク。これを機にガンジョン攻略を始めてみよう。なお次回の無料配布タイトルは、宇宙海賊ゲーム『Rebel Galaxy』となっている。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog