『Fallout 76』バトルロイヤルモードを導入する次期大型アプデ「ニュークリアウィンター」詳細公開。今秋に向け人間NPCの登場も予告

Bethesda Softworksは6月10日、「Bethesda E3 Showcase」を開催し『Fallout 76』の次期大型アップデート「Nuclear Winter(ニュークリアウィンター)」の詳細を発表した。本作のプレイヤーは、6月10日から17日(北米時間)にかけてこのアップデートの先行体験プレイが可能。また、この期間には本作の無料トライアルも実施される。

スポンサーリンク

2019年夏配信の「ニュークリアウィンター」では、52人のプレイヤーが参加するPvPモードがプレイ可能となる。アパラチアに核兵器の雨が降り注いだ結果、核の嵐が発生。各プレイヤーは徐々に縮小する炎に周囲を囲まれるなか、Vault 51のZAXコンピューターが課した次期監督官を任命するための試練として、最後のひとりになるまで戦う。つまり、パワーアーマーやPerkカード、C.A.M.P.、そしてウェイストランドのクリーチャーといった『Fallout 76』ならではの要素が組み込まれたバトルロイヤルモードである。

このバトルロイヤルモードをプレイするにあたっては、新規のキャラクターを作成しても良いし、アドベンチャーモードやサバイバルモードから引き継ぐことも可能。ただし、武器やPerkカードは引き継がれず、あくまでキャラクターの外見のみである。S.P.E.C.I.A.L.のパッシブボーナスも引き継がれない。初期状態では、Vault 51のジャンプスーツとPip-Boyを装備。事前にアトミックショップでコスメイテムを購入し、「Nuclear Winterのお気に入り」としてマークしておけば、ゲーム内で特定のアイテムを見つけることでそれらを装備することができる。

キャラクターのレベルは攻撃力や被ダメージに影響しないため、全プレイヤーが同じスタートラインに立ってゲームが開始する。攻撃力や防御力の強化は、マッチ中に武器やアーマーを獲得しておこなう形。その武器やアーマー、また薬品のステータスなどゲームシステムの多くが、マップサイズを含めこのバトルロイヤルモードに合わせて調整されているという。たとえば、アーマーはすべてセットになった状態で入手できるため、パーツごとに拾う必要はない。

また、前回の大型アップデート「ワイルドアパラチア」にて登場したクリーチャーも、倒すのにさほど難しくないよう再調整されており、仕留めるとアイテムを入手可能。もちろん、スコーチビーストのように手強い敵も存在し、そうしたクリーチャーからは高レベルのアイテムがドロップする。なおPvEをおこなうと、周囲にいるほかのプレイヤーに居場所が知られてしまう危険性があるとのこと。

「ニュークリアウィンター」でのC.A.M.P.は、資源を消費することなく組み立てられるよう簡略化される。その代わり、一部のアイテムは再調整されるという。たとえば、タレットはマップ上に配置されていたり、倒されたプレイヤーが落としたりする箱から入手するアイテムとなる。

また、核ミサイルもマップの縮小に伴い効果の強さと範囲を縮小(発射するには、コードを4つと発射用ブリーフケースが1つ必要)。一方で、効果はその試合の中で永続的に続く。なおC.A.M.P.については、アドベンチャーモードの図面を引き継ぐこともできるが、組み立てをおこなってもアドベンチャーモードのC.A.M.P.に影響することはない。

Perkカードについて、「ニュークリアウィンター」では合計73枚が登場し、アドベンチャーモードやサバイバルモードに引き継ぐことは不可。また、このバトルロイヤルモード限定のPerkカードが10枚含まれており、たとえば、遠距離武器の重量軽減効果が1枚のカードにまとめられた「Walking Arsenal」や、ジャンプの高さを増加させる「Frog Legs」、核のブリーフケースの場所を追跡できる「Briefcase Bloodhound」などがある。これら限定Perkカードは、従来よりも早いペースで進行する特別な仕様になっているとのことだ。

「ニュークリアウィンター」では、V.A.T.S.はAIにのみ使用でき、ほかのプレイヤーを対象にすることはできない)

「ニュークリアウィンター」にて獲得したXPやキャップは、そのままプレイしていたキャラクターに引き継がれる。また、チャレンジを完了し、報酬として獲得したコスメアイテムやワークショップのアイテムも、ほかのモードやキャラクターで使用することが可能だ。

そのほか、「ニュークリアウィンター」では監督官ランクを上げることで、プロフィールアイコンやC.A.M.P.の設計図、パワーアーマースキンなど、さまざまな限定コスメアイテムを報酬として獲得できるとのこと。そして、Vault 51の新しいエリアにアクセスできるようになれば、その過程でVaultの謎が明らかになっていくという。

今回のイベントでは、「ニュークリアウィンター」の次に予定されている大型アップデート「Wastelanders(ウェイストランダーズ)」についても言及された。ちょうど『Fallout 76』のローンチから1年となる2019年秋に配信予定のこのアップデートでは、人間のNPCがついに登場。アパラチアの掌握あるいは噂に聞く宝の入手を画策する入植者やレイダーの勢力が現れ、誰を味方にするかなど、複数の選択と結果がもたらされる新たなメインクエストや、独自のストーリーが展開するという。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog