『Apex Legends』新レジェンド「ワットソン」とシーズン2「バトルチャージ」情報がついに公開。新シーズンは7日2日に開幕

Electronic Arts/Respawn Entertainmentは6月9日、E3 2019前に開催しているファンイベントEA Playにて、『Apex Legends』の新レジェンド「ワットソン」を正式発表。電気を使ったアビリティを駆使するレジェンドだ。また同作のシーズン2「バトルチャージ」情報もあわせて公開した。シーズン2は7月2日開幕予定となっている。

新レジェンドのワットソン(ナタリー、22歳)は主任電気技師として若きころから才覚を見せ始めたレジェンド。父と共に本作の戦場となるApexゲームの拘束変性リングをつくった人物だ。役割としては、マップを知っていれば知っているほど、強いディフェンスを築けるレジェンド。最大12本の「Electronic Nodes」をつなげる「周辺セキュリティ」アビリティにより、電撃フェンスを立てられる(補足:Node=電撃ポールを設置すると、ポールとポールの間に電撃が流れる)。電撃フェンスを越えようとしてきた敵にはダメージを与えるだけでなく、スロー効果を付与。フェンスを越えてきたことを探知できる。以下、各種アビリティの内容となる:

・戦術「周辺セキュリティ」
ノードを接続して電気フェンスを作成。敵にダメージを与え行動を遅らせる。
※補足:チームメイト通過時は電気が止まる。現行メタのカウンターを想定

・パッシブ「天才のひらめき」
究極の促進剤がアルティメットアビリティをフルチャージ。インターセプターパイロンの傍にいると戦術アビリティのリチャージが加速する。

・アルティメット「インターセプタ―パイロン」
電気パイロンを設置する。パイロンは飛んでくる軍需品を破壊して、シールドの損傷を修復する。(最大数:3)

以下、そのほかEA Playにて明らかになった情報である。
・新武器「L-STAR」(ケアパッケージ品のエネルギー式ライトマシンガン)
・新ホップアップ2種類を予定。「ミームになっているあの武器」で使えるホップアップも含むという
 (訂正 2019/06/10:ホップアップ両方が「あの武器」で使えるというニュアンスではないため訂正
・バトルパスの4レジェンダリー内訳(2レジェンド、2武器用)
 ※コースティック、オクタン。スピットファイア、E-301
・シーズン2にてランクモード追加(6ティアーに分類)
 ※シーズン終了後にランクに応じた報酬付与

シーズン2バトルパスは、前シーズンのバトルパスに関するフィードバックを踏まえて、さまざまな変更が加えられる。具体的には、デイリー/ウィークリーチャレンジの導入によりレベル100到達時間の大幅短縮、レジェンダリースキン報酬の増加、新カテゴリーの報酬追加などだ。新カテゴリーの詳細については、まだ明かされていない。

そのほかシーズン2の最初には、キングスキャニオンの変容と、巨大な生物の登場も予告されている。本作ではかねてから飛行生物「Flyer」がマップに現れると噂されていた。これからシーズン2開幕までに情報が公開されていくということで続報に期待したい。

 

そのほかのE3 2019関連記事はこちら

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog