睡眠をエンタメ化するアプリ『Pokémon Sleep』発表。「朝起きることを楽しみにする」ことを目指す

株式会社ポケモンは5月29日、「ポケモン事業戦略発表会」にて『Pokémon Sleep』を発表した。対応プラットフォームはAndroid/iOSで、ローンチ時期は2020年。同作は「睡眠」をエンターテイメント化することを狙うアプリだ。制作に携わるのは、『はねろコイキング』を開発したSelect Button。

スポンサーリンク

『Pokémon Sleep』は、人間の基本的な動作である「歩く」ことをエンターテイメント化させることに成功した株式会社ポケモンのおくる次なるアプリ。人生において多くの時間を費やす睡眠のエンターテイメント化しようという野心的なアプローチだ。『Pokémon Sleep』では、プレイヤーの寝た時間や起きた時間を記録し、あそびにするという。このアプリは、睡眠のエンタメ化の中の「ひとつ」である。

というのも、そのほか『Pokémon Sleep』とは別に、睡眠を遊びに活かす方法を開発されているのだ。具体的には任天堂と共に『Pokémon GO Plus +』を開発中。『Pokémon GO Plus』に機能を加えて、眠っている時間を計測する要素を“プラス”するという。内蔵されている加速度センサーによって眠っている時間を計測し、その結果をBluetooth通信でスマートフォンに転送。昼の活動時間だけでなく、夜の睡眠時間も記録してしまうというわけだ。

『Pokémon GO』における睡眠へのアプローチについては、同作を手がけるNianticも賛同しているとのこと。どのように詳細については伏せられているが、健康的なライフスタイルを促進することを念頭に置いて、「睡眠」に関するプロジェクトは進められているそうだ。

今回の発表では、具体的な発表はなかったものの、「睡眠」という生活における柱をあそびに変えようとする野心的なコンセプトが垣間見えた。「歩く」ことをエンタメ化させ、ビジネス・ブランディングの両面で大成功を収める『Pokémon GO』を手がけるメーカーの次なる一手は、さらに壮大なものとなっているだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog