「ケイドロ」型対戦アクション『オバケイドロ!』Nintendo Switch向けに発売へ。1vs3の非対称鬼ごっこ対戦

株式会社フリースタイルは本日5月28日、『オバケイドロ!』をNintendo Switch向けに発売すると発表した。発売時期は今夏。同作を、来月1日・2日に開催されるインディーゲームイベントBitSummit 7 Spiritsに出展するという。イベントでは、開発中のゲームの試遊機をさわることができるとのこと。

スポンサーリンク

『オバケイドロ!』は、「ケイドロ」をテーマとした対戦アクションゲームだ。オンラインにも対応する。本作の舞台は、キュートでホラーなファンタジー世界。夜になるとオバケの世界につながる場所があると聞きつけた子どもたちが、オバケの世界に迷い込んでしまった。元の世界に戻るために、オバケから逃げのびるのだ。

本作では、ニンゲンチーム(3人)とオバケチーム(1人)に分かれてプレイヤー同士が戦う。制限時間は3分。オバケは、ニンゲン3人を全員つかまえて牢屋に入れることを目指す。壁のすり抜けや特技を使って、ニンゲンを捕獲しよう。ニンゲン側は、ひとりでも逃げ切れれば勝ちとなる。ランタンを当ててオバケを足止めしたり、牢屋に捕まった仲間を助けたり。とにかく3分間逃げ切れ。

本作は「大人から子供までいっしょに楽しめるケイドロゲーム」を目指して開発されているという。非対称型対戦ホラーゲームといえば、同ジャンルのマーケットを切り開いた『Dead by Daylight』や同作を模倣した『Identity V』、『Friday the 13th: The Game』 など人気沸騰中のジャンル。『オバケイドロ!』は、そうした複雑な非対称対戦ホラーゲームを、よりカジュアルに導入しようとする意図がうかがえる。2018年夏には「全国エンタメまつり」に出展しており、すでに多くのユーザーのフィードバックを受けているという。BitSummitでも白熱の対戦が楽しめるだろう。

フリースタイルは、サーバー開発やインフラ構築に実績を持つIT企業。そのほか業務システムや、Unityを用いたゲームやスマホアプリの開発にも携わっている。本作は、ゲームイベントの為だけに作ったが、想定外の盛り上がりを見せ、その結果製品版に向けて開発継続が決定したという。さまざまなジャンルに手を拡げるITメーカーが送り出す非対称の対戦ホラーゲームの手触りを確認したい方は、BitSummitの同ブースへ足を運んでみるといいだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog